ファイナルファンタジー9

ff9 banner

ファイナルファンタジー9

ファイナルファンタジーIXは、その世界に没入してしまうファイナルファンタジーシリーズのメイン作品として9作目です。ファイナルファンタジーIXは、スクウェアが開発した日本のロールプレイングゲームです。プレイステーション用に2000年7月にリリースされました。

Screenshot 2020 07 17 At 09.54.04

ファイナルファンタジーIXでのイベントは、主に平和とたくさんの魔法を中心テーマとしています。しかし、永遠に続くものはありません。その平穏な状態が育まれていく、ということはありません。後に戦争と権力欲の作用の両方によって破壊されてしまうからです。

ファイナルファンタジーIXの世界では、住民は、押し寄せてくる悪と災いに立ち向かっていかなければなりません。このゲームで、プレイヤーは、戦いは必ずしもひとりで行うべきではないと実感します。登場人物が歩き回る世界は、ほとんど暴力的なイベントだらけです。ゲームのストーリー全体を通してはびこっている悪に対してみんなで力を合わせて行動しなければならない、ということが示されます。

ファイナルファンタジーIXで、プレイヤーは、レトロスペクティブJRPGに没入するというのはどういうことか、まったく新しい体験をします。これは、ゲームが重厚な中世的テーマを追求したためです。それは考え得る限りの歴史の重みを備えています。ファイナルファンタジーIXは、それまでのファイナルファンタジー作品に敬意は示すものの、そのどれかの延長線上にあるものではありません。

このゲームは、中世の重厚なファンタジー設定に着想を得た作品です。また、このゲームには、興味深い性格を備えたキャラクターたちが驚くべきキャストとして登場します。ファイナルファンタジーIXは、前作のファイナルファンタジー8の続編ではありません。ファイナルファンタジーIXは独自のゲームであり、キャラクターたちは遠くへ、そして広い範囲にわたり旅をします。プレイヤーはクローンや危険なマシンに対する勝利と敗北の両方を目の当たりにすることになるでしょう。プレイヤーはみな、キャラクターたちとともに時間をさかのぼり、死と憎しみの試練に立ち向かわなければなりません。

このゲームの各テーマは、対立と(恒久的でないにせよ)つかの間の平和の両方のバランスを補い、うまく働いています。

ファイナルファンタジーIXは、ファイナルファンタジーのSFの世界についてファンが愛するものを視聴者に提供します。このゲームには、ファイナルファンタジーのすべてのゲームがカバーすべきほぼすべてのものが含まれています。ファイナルファンタジーIXは、音楽や魔術、そして魔法が染み込んだお城や街のかもしだす中世の非現実的な雰囲気に満ちています。そのおかげで、プレイヤーは冒険の持つレトロな感覚を体感します。プレイヤーはひとつの都市を巡り、それから他の都市の領土に赴くことになります。

惑星は多くのカットシーンで見られますが、特にその場合、ガイアは本当に美しい姿です。ファイナルファンタジーIXは、鮮やかな色を最適化したこのシリーズ初のゲームでもあります。プレイヤーは、本当の美しいガイアの絵のような景色を見ることができます。もっとも、ゲームの世界が鮮やかであっても、それは、そこにあるさまざまな対立や争いを覆い隠すものではありません。また、ファイナルファンタジーIXのキャラクターは、決して完璧ではありません。プレイヤーはストーリーの進行とともに、人間に属するものとアイデンティティの織りなす層を、ゆっくりとはがしていきます。各キャラクターは多くの課題をくぐり抜けていかなければなりませんが、これら2点はその一部です。

開発

ファイナルファンタジーIXの開発は、スクウェアがファイナルファンタジーVIIIの制作を終える前から始まっていました。ゲームはハワイで開発されました。開発者たちは、魅力的なストーリーをつくりあげようとしました。

スクウェアは、ゲーム中のキャラクターが深みを持つことを望んでいました。さらに、開発者たちは、ゲームが以前のタイトルのテーマをフォローするものではないことを明確にしました。開発者たちは、ファイナルファンタジーVIIとVIIIのリアリズムからファイナルファンタジーIXを解放したいと考えていました。開発者たちのこうした考えは、アクティブタイムイベント(Active Time Events)と呼ばれる新しい革新的なシステムを生み出しました。

スクウェアは、ゲーム中の世界をよりファンタジー志向にしようと努力しました。これは、重厚な中世的な見た目の美しさを導入することにより可能になりました。ファイナルファンタジーIXは、ファイナルファンタジーVIIやファイナルファンタジーVIIIの未来的なスタイルとはまったく異なるのです。

設定

ファイナルファンタジーIX中のイベントはほとんどがガイアで起こります。それは緑の森と山そして青い川に囲まれたファンタジーに満ちた世界です。大きな山の連なりは、4つの国を分ける自然の境界線として機能します。4つの国とは、アレキサンドリア、リンドブルム、ブルメシア、そしてクレイラです。

アレクサンドリアは、戦争を商売にする王国とみられています。この王国は大陸の東半分を支配しています。その都市の1つはトレノと呼ばれます。それは千の星の暗い空の下にある文化的中心点です。トレノは、多くの貴族や貧しい人たちにとって同じように我が家なのです。

惑星の中で最も住人の数が多いエリアは、霧の大陸です。この広い低地は濃く深い霧に包まれています。霧の中には、霧に霞むエリアに出現する危険なモンスターが潜んでいます。

リンドブルムは、飛行艇が空を飛び交う技術的に進んだ交通の要衝です。リンドブルムは、大陸の南西側の高原に位置する領土です。どちらの国も、生物種が混ざり合って住んでいます。これらの土地にいるのは、ヒト、ヒューマノイド、およびヒトのような特徴を持つ動物です。

ブルメシアは、絶え間ない雨が降り注ぐ王国です。この国は大陸の北西部に位置しています。クレイラはブルメシアから分かれた近隣地域です。クレイラは巨大な樹の形をしています。これは、クレイラに生息するネズミ族の住み家となっています。ネズミ族は、仕事の合間にするダンスと槍での戦いがとても好きです。

ファイナルファンタジーIXでは、探検がさらにエキサイティングになりました。これは、このゲームには、キャラクターを、空を介して遠く広く運んで行く飛行艇が登場するからです!プレイヤーは、別の大陸に足を踏み入れることができます。プレイヤーはさまざまな場所に出航します。これらの領域の中には、ある次元から別の次元へと飛ばないと行けないところもあります。限界はないのです!

物語

ファイナルファンタジーIXの物語は、一風変わったキャラクターたちの旅を追いかけていきます。ゲームのメインの主役のひとりはジタン・トライバルです。彼はいたずら好きで猿のしっぽを持った俳優であり、泥棒であり、タンタラスと呼ばれる悪名高い盗賊団の一員です。彼と仲間のギャングは、王都アレクサンドリアに着陸し、最新のステージパフォーマンスを披露します。

ショーの途中で、彼らは王国の王女を誘拐する計画を立てます。彼女の名前はガーネット王女です。2つの異なる世界の登場人物たちが出会うと、王女は王女で、すでに自分の計画を練っていたことがわかります。彼女は街から抜け出したいと望んでおり、ギャングは、王女の助けて欲しいという願いをまさに叶えてくれるものでした。

ジタンはガーネットと手を組みます。彼らにはまた、信頼できる同志のチームが同行します。ブラネ女王と彼女の盟友クジャを阻止するためです。ジタンの盗賊団は出航します。これは基本的に、アレクサンドリア王国が黒魔術師の軍隊との戦争を起こすのを防ぐためです。

小競り合いや爆発などの不幸なエピソードがあった後、ジタン、ガーネット、ビビという名の小柄な黒い魔術師、ガーネットの護衛官であるスタイナーは揃って、タンタラス団の飛行艇で城から飛び出しますが、モンスターがいっぱいの森に墜落してしまいます。

ファイナルファンタジーIXは、キャラクターたちが世界のさまざまな地域に足を踏み入れるという世界をまたにかけたミッションを定めています。これらの各地域には、戦争の名残、欺瞞、魔法の結晶があり、さまざまな大きさで現れる召喚モンスターがいます。

プレイヤーはまた、たくさんの飛行艇、魂のない黒魔道士の軍隊に迎えられ、そして驚くべきプロットが展開されます。これらは、すべてのファイナルファンタジーのゲームタイトルを構成する標準的な要素です。

ゲームプレイ

ファイナルファンタジーIXには、アクティブタイムバトル(ATB)擬似ターンメニューベースのコマンドシステムが搭載されています。このゲームは、メカニズムに関しては、依然として以前の作品からほとんどのものを引き継ぎました。

ファイナルファンタジーIXには合計8人のプレイ可能なキャラクターがいます。4人のキャラクターで1つのパーティーを構成します。各キャラクターは2つのコマンド能力を使えます。プレイヤーは、能力を獲得するためには、武器、防具、アドオンのロックを解除する必要があります。これらはすべて、APの獲得中にさまざまな特殊能力を付与します。

キャラクターたちは、ダメージを受けた後、ユニークなトランスを使うことができます。これによって彼らの能力を高めることができます。ゲームには、さまざまな楽しいミニゲームやサイドクエストも用意されています。最も注目すべき2つは、「チョコボのほっと一息」とテトラマスター(クアッドミスト)トレーディングカードゲームです。

キャラクターとパーティーメンバー

プレイヤーは、各パーティーあたり3人のキャラクターのみが許されていました。このシステムは、ファイナルファンタジーIXにおいて、後に変更されました。プレイヤーは、ゲームの4人パーティーを利用できるようになりました。これにより、プレイヤーは戦闘と戦闘の間、メンバーを完全に制御できます。

ファイナルファンタジーIXを本当にユニークにしている魅力的な点の1つは、その風変わりなキャストです。それぞれのキャラクターは、外見も個性も非常に異なっています。

キャラクタークラス

➢ ジタンは初期装備としてダガー(短剣)を使用します。彼には「シーフ」(泥棒)の能力(アビリティ)があります。これは、「盗む」、「逃げる」、「盗賊」と「盗賊の極意」です。ジタンは自分自身を「犠牲」にすることもできます。彼のトランス時の「裏技」能力は、忍者が使用する忍術の呪文に似ています。

➢ ビビは、杖を振るう黒魔道士です。彼のスキルは、黒魔法を使用してダメージを与えることです。ビビのトランス能力はW黒魔法と呼ばれます。これにより、彼は黒魔法を2回連続で使うことができます。

➢ ダガーは、ゲームの初期段階では白魔道士として輝いています。後に彼女はより大量の召喚獣にアクセスできるようになります。これらは、エーコと呼ばれる彼女オリジナルの敵方召喚士よりも優れています。ダガーのトランスでは召還できる召喚獣の数も増加します。

➢ スタイナーは騎士です。両手で扱う騎士剣を使います。彼はダークサイドと呼ばれる暗黒騎士の能力を持っています。これは基本的な黒魔法を彼のソード(剣)マジックの攻撃に融合します。彼のこのスキルにより彼にはミスティックナイトという名前もあります。スタイナーは強力な攻撃剣術に長けています。また、トランスは彼の物理的な攻撃による重いダメージを何倍にもします。

➢ フライヤは槍を振り回し、ドラグーンのジョブのトレードマークであるジャンプやランセットなどの能力を使います。彼女のトランスと彼女特有の能力であるハイジャンプは、ジャンプをさらに強化します。

➢ クイナはモンスターを食べて青魔法を習得する青魔導士です。クイナは、ミリオネアと呼ばれるシーフ(泥棒)能力にアクセスできるゲーム内の唯一のキャラクターです。

➢ エーコは召喚獣を召喚できます。トランスでは、彼女はW白魔法を使います。これにより、白魔法呪文の2回連続使用が可能になります。

➢ アマラントは高いHPスタットを持ち、接近戦用の爪状武器を使います。これにより彼はカウンター能力を習得できます。アマラントは、チャクラとオーラのテクニックも持っています。彼のこれらのスキルは、修道士のジョブのトレードマークとして役立ちます。彼はまた、忍者のように武器を投げて、サムライのスペアチェンジ能力を使うことができます。彼の他のユニークな能力は、パワーアップとパワースローです。これによってチャクラと「投げる」スキルを強化することができます。

➢ ベアトリクスは、ダークサイド以外、スタイナーと同じ攻撃剣技のほとんどすべてを使います。ダークサイドの代わりに、彼女は、パラディン(高位の騎士)のジョブに合った最も強力な白魔法呪文の多くにアクセスできます。

レベルと能力

パーティーメンバーは、通常の敵から経験値(EXP)を獲得することでレベルアップできます。新しい能力は、その習得を可能にするアイテムを装備することで手に入れることができます。プレイヤーは能力ポイント(AP)も獲得しますが、これは永続的なものです。この点は、ファイナルファンタジーVIのエスパーに似ています。ファイナルファンタジーIXの能力は、以前に恒久的に習得したことがあるかどうかに関係なく使うことができます。

ファイナルファンタジーには2種類の能力があります。それはアクションとサポートです。アクション能力は魔法のテクニックです。これは武器スキルを高めたり、召喚獣を召喚できたりします。

サポート能力には、ステータス効果に対する一時的な抵抗など、さまざまな有益な受動的効果があります。サポート能力は、特定の敵タイプに対して増加したダメージもカバーします。

サポート能力は量が限られており、一度しか装備できません。ただし、キャラクターは魔法の石を使う必要があります。すべてのサポート能力には、一定数の魔法の石が必要です。さらに、キャラクターがレベルアップするにつれて、より多くの石を入手できます。ゲーム内で、ほとんどのキャラクターがさまざまな能力を習得できます。ただし、一部の能力は特定のキャラクター専用です。

トランス

トランスは、以前のファイナルファンタジーゲームにおけるリミットブレイクに似ています。キャラクターが戦闘と戦闘の間ヒットを維持できる場合は、トランスのゲージは満たされます。

トランスによってキャラクターの外観が変わることもあります。新しいスキルまたは一連のスキルをキャラクターが付与されることもありますが、これはトランスにある間のみ使うことができます。

戦闘

ファイナルファンタジーIXは、アクティブタイムバトルシステムの使用を継続しました。プレイヤーは、キャラクターのATBゲージがいっぱいになったときに実行するコマンドを選択できます。戦闘は「待機モード」に設定できます。これにより、敵は攻撃を実行できなくなります。これにより、プレイヤーはメニューから呪文またはアイテムを選択する時間が増えます。

アクティブタイムイベント

ファイナルファンタジーIXには、アクティブタイムイベント(ATE)と呼ばれる新しいシステムが搭載されています。プレイヤーが「選択」を押すと、他のキャラクターが何をしようとしているかを見ることができます。これは、ATEが画面にプロンプトを出すときにのみ実行可能です。

ストーリー展開は常にプレイヤーの選択に影響されるわけではありません。このため、プレイヤーはカットシーンを楽しむことができます。ただし、ダイアログの通知テキストが灰色になった場合、プレイヤーは自動的にATEを観る必要があります。

ATEを観ることで、プレイヤーはギルをもらえます。プレイヤーには、ATEの選択肢が複数あることもあります。あるオプションが選択された場合、他のオプションは基本的にはアクティブになりません。これは、プレイヤーが見逃したATEを観るためには2回目のプレイスルーを待つ必要があることを意味します。

モグネット

モグネットはファイナルファンタジーIXで新た加えられたものです。モグネットは、モーグリが使用する郵便システムです。彼らは世界のほとんどの部分にいます。

プレイヤーがモーグリに話しかけると、ゲームを保存したり、テントを使用して生命力を回復したり、モグショップからアイテムを購入したりできます。

モーグリが、プレイヤーに配達人として行動するよう要求することもあります。キャラクターは、他のモーグリに手紙を届ける任務を負います。プレイヤーが誰かから手紙を受け取ることも可能です。

ミニゲームとサイドクエスト

ファイナルファンタジーIXには2つのメインのサイドクエストがあります。ひとつは、テトラマスター(クアッドミスト)トレーディングカードゲームです。ゲーム内のほぼすべてのNPCとプレイできます。プレイヤーは最初のテトラマスターデッキを獲得できます。プレイ方法に関するチュートリアルは、ゲームの開始時に起動されます。プレイヤーは、NPCに挑戦するだけで、腕を磨くことができます。新しいカードは、死んだ敵からランダムドロップとして入手することもできます。テトラマスターデッキをコンプリートしたい場合、プレイヤーは、最もレアなカードを集めるために道から外れなければなりません。

もうひとつ、ゲームに加えられたおたのしみは、「チョコボのほっと一息」のサイドクエストとミニゲームです。これは、世界地図上多数のさまざまな場所に広がっています。プレイヤーがサイドクエストを始めるためにはチョコボチョコが必要です。

「チョコボのほっと一息」は、霧の大陸のチョコボの森を探索する際、パーティーがリンドブルムを初めて離れたときにプレイできます。1試合につきパーティーは60ギルを払います。プレイヤーは、60秒の制限時間内にアイテムを掘るようにチョコをガイドできます。チョコがランダムなアイテムを掘り出すと、パーティーはポイントを獲得できます。

音楽

ファイナルファンタジーIXの素晴らしい音楽は、植松伸夫が作曲しました。彼は、ゲームの8つの主要キャラクターのテーマを作成することを目指しました。ファイナルファンタジーIXの音楽テーマには、エキサイティングなバトルトラックのテーマや陰鬱で危険を想起させる曲もあります。ゲームのメインテーマソングは「Melodies of Life」というタイトルです。

キャラクター

プレイ可能なキャラクター

「真諦—誰かを助けるのに理由がいるかい?」

ジタン・トライバルはファイナルファンタジーIXの主役を演じます。彼は遊び心のある泥棒であり、悪名高いタンタラス劇団の一員です。その最も際立つ身体的外観は、後ろでまとめた金髪の髪と猿のようなしっぽです。

ジタンは当初、アレクサンドリアの王女を誘拐する任務を負っていました。しかし、予想外にも、物語におけるイベントの結果、事態ははるかに大きなクエストにエスカレートします。ジタンは、自分がガイアを破滅から守らなければならなくなるとは夢にも思っていませんでした。

ジタンは戦いでダガー(短剣)と泥棒の剣を使います。彼特有のコマンドは「盗む」です。これにより、敵からランダムなアイテムを盗む機会が彼に与えられます。この結果、プレイヤーは敵から強力な装備を入手できます。

ジタンはのんびりしていて、気安くで、外向的で、一般的に彼の周りの人々に優しい性格です。ジタンは彼の周りの人々を気遣い、しばしば彼らに人生に関するアドバイスを与え、自分の行動には無私です。彼は自分の不安を隠そうとし、ひとりで戦います。彼は女性に対して軽薄ですが、ガーネットに対しては特別な気持ちが育っていきます。

「生きているってことが証明できなければ、死んでしまっているのと同じなのかなあ…」

ビビ・オルニティアは、ファイナルファンタジーIXでプレイ可能なキャラクターです。彼は魔法をかける特別な能力を持つ黒魔道士です。ビビは、肌全体に黒いオーラを帯びています。ビビは青いローブを身にまとい、頭には大きな赤いウィザードハットがかぶっています。

ビビはしゃべっている途中につっかえることが多いので、最初は内気な様子を見せます。彼は自分の力、起源、そして死を恐れているため、自信がありません。しかし、勇気と自信を身につけたビビは、徐々に殻から出てきます。ビビはまた、何が善悪であるかという考えをしっかり持っており、魔法を使って友だちを守ります。

「忠誠心を誓ったならば、一生を隷属して過ごさねばならぬのか?」

アデルバート・スタイナーはファイナルファンタジーIXのプレイ可能なキャラクターです。彼はプルート騎士団のリーダーを務めています。アデルバートの責務は、ガーネット王女をなんとしても守ることです。スタイナーは以前、アレクサンドリアのブラネ女王に忠誠を誓っていました。

彼は以前、人生を見通す視野が狭く、それと異なる行動をする人々のことを間違っていると非難していました。もっとも、ブラネ女王に対する盲目的な忠誠心よりも大きな世界があることを理解するのに、それほど長くはかかりませんでした。スタイナーは、何よりもガーネットの安全とすべての人々の幸福を優先します。これにより、彼は彼女とジタンが世界を救うために行っているクエストに参加するように駆り立てられました。彼は、このゲームにおいて、会話の合間に冗談を言って笑いを取る和ませキャラを演じます。

「召喚魔法を使ってみんなを守りたいの…」

ガーネット・ティル・アレクサンドロス17世(ダガー)は、ファイナルファンタジーIXで2番目にメインのプレイ可能キャラクターです。彼女はアレクサンドリア王家の後継者です。ガーネットは、母親のブラネ女王の奇妙な変化に気付き、アレクサンドリア城から逃げ出しました。

ガーネットは、他のメンバーとともにジタンと旅する際、王家の身分を隠しています。彼女はダガーという名前で通していきますが、これはおおむねジタンの武器の短剣から思いついたのです。ガーネット王女は優しい心を持っており、とても優しい話し方をします。しかし、アレクサンドリアの城の壁の向こう側にある世界の不公正なやり方に、彼女は純朴なまま慣れることがありません。

ガーネットには、召喚士としての力を使う特別な能力があります。彼女は自分の王国の市民を守りたいと思っています。この思いのため、彼女はもっと自己主張をする性格になり自立するように自らを駆り立てました。彼女の外見とは別に、彼女の優しい心とスキルのせいで、ジタンは彼女にロマンチックな関心を抱くようになりました。

「忘れられるのは死よりも悪い」

フライヤ・クレセントはファイナルファンタジーIXのプレイ可能なキャラクターです。彼女はヒトに似た属性を持つネズミ族出身のブルメシア人です。フライヤは鋭い心を持つ熟練のドラゴン戦士です。しかし、失われた愛に対する彼女の永遠の憧れのせいで、時々彼女は落ち込みます。フライヤは悲劇に悩まされていますが、まだ希望を持ち続けることができます。彼女は過去に生きているように見えるかもしれませんが、ずっと昔に失われた愛するフラットレイと再会することを常に望んでいます。

「もうひとりになりたくない…」

エーコ・キャルオルは、ファイナルファンタジーIXのプレイ可能なキャラクターです。彼女はまた、子供のような属性と外観のために、リトルガールの名前で通っています。エーコは、かつて外側大陸にあるマダイン・サリに住んでいました。

エーコには勇気と決意が備わっています。彼女はひとりぼっちでマダイン・サリに住んでいたかもしれませんが、彼女は人生のほとんどをひとりで過ごしていたわけではありません。エーコの友だちはモーグリしかいませんでした。彼女は、特にジタンに会ったとき、一座に加えてもらったことにとても感謝しています。彼女は彼に首ったけなのです。

エーコは猿のしっぽを持つ泥棒に夢中になっていたかもしれませんが、後に彼女はそこから抜け出します。世界を救うことは、彼女の実際の身の丈よりも大きな大人の感情を持つことよりもはるかに重要なことなのです。

「未来における唯一の『確実』は、それが『不確実』だということだ」

アマラント・コーラル(サラマンダー・コーラル)はファイナルファンタジーIXのプレイ可能なキャラクターです。彼は戦いで爪を使うことで知られています。アマラントの特殊な能力により、彼はターゲットに武器やその他のアイテムを投げることができます。これはかなりのダメージを与えることができます。

アマラント・コーラルはどちらかと言えば傲慢な男ですが、高貴な戦士のように乱闘して名誉を得るために必死になっています。人生における彼の目標は白日のように明解かもしれませんが、ジタンの奇妙な行動は彼にはとても理解しがたいものです。ゲームが進んでいくにつれ、アマラントは徐々に彼の盟友ジタンがどうしてそういう行動を取るのかを理解し始めました。彼はジタンの仲間に加わり、クジャのような脅威からガイアを守ります。

「好きな事やってて悪いアルか!!」

クイナ・クゥエンはファイナルファンタジーIXでプレイ可能なキャラクターです。クイナは性別のないク族で、青魔法の能力を持っています。クイナはカエルが好きですが、ほとんど何でも食べます。クイナの食欲は大きいので、常に敵を消費し、敵の力を吸収します。クイナは、ゲームの笑いを取る和ませキャラの役割を果たします。

敵方

「ブワハハハ!クジャ!だからあなたはついにここであなたの女の子ぽい顔を見せることに決めたのね!あなたは私と完全な支配の間の邪魔者でしかないわ!ゲヘヘ!」

ブラネ・ラザ・アレクサンドロス16世はアレクサンドリアの高貴な支配者です。彼女はファイナルファンタジーIXのガーネット王女の母でもあります。

ブラネ女王は、ほとんどの死と破壊の原因だったかもしれませんが、彼女はいつもそんな悪ではなかったです。父親が早すぎる死を迎えるまで母親はとても良い人だったと、ガーネットは語ります。夫の死は、女王のふるまいの突然の変化の根本原因になりました。

女王が狂気に屈したことに関しては、ブラネ女王の王室顧問であるクジャにも責任があります。クジャはさらに他の大陸と戦争するというアイデアで彼女の狂気を駆り立てました。女王はそれを大いに喜んだのです。

「クッ……僕はどうせ死ぬんだ……死ねばこの恐怖からも開放される……でも、僕ひとりでは死にはしない……キミ達も一緒に連れていってあげるよ!」

クジャはファイナルファンタジーIXのメインの敵役です。彼はアレクサンドリアの女王ブラネの王室顧問を務めています。彼の最終的な目標は、召喚獣の力を得てガイアを乗っ取ることです。クジャは強力な魔道師です。クジャは実際には、テラと呼ばれる死んだ惑星の支配者によって作成されたジェノムです。彼の出自は暗い過去を隠していますが、ガイア人の魂をテラ人の魂に置き換えるという彼の邪悪な計画を隠していません。クジャは最高の能力に見合うエゴを持ち、しばしば心がプライドに支配されるままにします。

「生きることは人生に意味を与えることだが、生き残るためには他人の命を奪わなければならぬ…」

ガーランドはファイナルファンタジーIXの二番目の敵役です。彼は暗い鎧に身を包んだ老人のように見えます。ガーランドには膨大な知識と神秘的な力があります。彼は人生で何も気にしません。これは、彼が生きている人になんの執着を持っていないためです。ガーランドはしばしばパラノイアに陥り、彼の邪悪な計画を実行するためだけに過激な手段に頼るようになりました。

「あなたは私の礼儀のために私を雇わなかったと確信しています、閣下」

ラニはファイナルファンタジーIXのマイナーな敵役です。彼女は大きな斧を使う賞金稼ぎです。ラニは黒魔法を唱えることができます。ラニは自分がガイア史上最も美しい賞金稼ぎだと考えています。彼女には露骨に無礼であるという悪い評判があります。

「困ったよ! 困ったよ!」

ゾーンとソーンはファイナルファンタジーIXのノンプレイヤーキャラクターです。ダイナミックなデュオは、女王ブラネの宮廷の道化師および魔術師です。ゾーンとソーンは、特にほぼ同じ衣装を着ている場合は、互いにとてもそっくりに見えます。ソーンは青を着ており、ソーンは赤を着ています。

「あなたは最終次元の前に立ち、私は永遠の闇です…」

ネクロンはファイナルファンタジーIXの敵役です。彼は死を代表し、ガイアに住むすべての生き物の早すぎる死を切望しています。ネクロンは実際には世界の一員ではありませんが、ガイアにまだ生命がある間、彼は死なないでしょう。ネクロンは中立であり、どのようなかたちであれ、どの種族の味方もしません。彼の生涯の目標は、宇宙のすべての生命を一掃することです。

その他のキャラクター

「私はあなたの勇気を賞賛しますが、慈悲は示しません」

ベアトリクスは、ファイナルファンタジーIXの一時的にプレイ可能なキャラクターでありボスです。彼女は、アレクサンドリアの女兵軍団の最高将軍であり、最も信頼できる戦士です。彼女はブラネ女王にとても忠実に見えるかもしれませんが、狂った女王に仕えることも彼女の名誉ある心を傷つけませんでした。彼女の人生の最優先事項は、アレクサンドリアの人々を守ることです。

「一緒に来るように頼んだことは一度もない。文句はやめろ!」

マーカスはファイナルファンタジーIXのマイナーなキャラクターです。彼はタンタラスのメンバーであり、ブランクの親友です。タンタラスの他のメンバーと同様に、彼は熟練の俳優であるとともに泥棒でもあります。マーカスは親切で、彼の仲間にとても忠実です。彼は常に助けを必要としている人をいつでも助けてあげます。マーカスは、問題を解決するためにはどんな違いも脇に置いてリーダーシップを発揮します。

「どんな困難があっても両国を引き裂くことはできません」

シド・ファブール9世はファイナルファンタジーIXのマイナーなキャラクターです。彼は支配者であり、リンドブルムの摂政です。この結果、彼は父親の後継者になっています。シドはパーティーの味方として働き、霧の大陸を支配しようとするブラネ女王の野望を阻止するためにジタンの一団を助けます。シドはとても尊敬され、知恵があります。彼はまた、思いやりのある人物で、パーティー、特にガーネット王女が信頼しています。シドは信頼できるかもしれませんが、だからと言って完璧ではありません。彼は時として傲慢になり、飛行艇の自慢をしました。

「そして、もし、お前が、俺のことを、女性を大事にする男だと思わないなら、お前は間違っている」

ブランクはファイナルファンタジーIXのマイナーなキャラクターです。彼はタンタラスのメンバーであり、そこで俳優兼泥棒になりました。ブランクはマーカスの親友であり、彼はマーカスがしばしば「兄弟」と呼ぶ人物です。また、ブランクは他のメンバーとの絆を確立しています。しかし、彼はジタンを彼の競争相手と考えています。彼らはどちらも、道を横切るほぼすべての美しい女性に惹かれてしまいます。ブランクは軽薄かもしれませんが、親切です。彼は困っている人を助けることをためらいません。

ゲームポート

プラットフォーム 地域別の発売日
プレイステーション  日本:2000年7月7日

アメリカ/カナダ:2000年11月13日

ヨーロッパ/オーストラリア:2001年2月16日

プレイステーションネットワーク 日本:2010年5月20日

米国/カナダ:2010年6月15日

ヨーロッパ/オーストラリア:2010年5月26日

iOとAndroid すべての地域:2016年2月9日
PC すべての地域:2016年4月14日
Nintendo Switch すべての地域:2019年2月13~14日
XBox One すべての地域:2019年2月13~14日
Windows 10 すべての地域:2019年2月13~14日

総合ゲームスコア

ウェブサイト レーティング
メタクリティック 94%
ゲームランキング 92.72%
IGN 9.2/10
ゲームスポット 8.5/10
ゲームインフォーマー 9.75/10

ゲームのスピンオフ

ファイナルファンタジーIXは、スクウェアのインタラクティブなプレイオンライン(PlayOnline)サービスのベンチマークになりました。プレイオンラインは当初、ファイナルファンタジーX向けに開発され、ファイナルファンタジーX向けの予定でした。

ディシディアファイナルファンタジー

ディシディアファイナルファンタジーはファイナルファンタジーの格闘ゲームサブシリーズです。キャラクターたちとコスモス・カオスという名前の2柱の神との戦いを中心に展開します。対決は後にスピリトゥスとマテリアの間で発生します。ほとんどのファイナルファンタジーゲームの主要な要素を備えています。これは基本的に、ファイナルファンタジーシリーズの他の既存のゲームのキャラクターたちと場所をフィーチャーしたクロスオーバーです。

ディシディアファイナルファンタジーオペラオムニア

ディシディアファイナルファンタジーオペラオムニアは、スクウェア・エニックスとコーエー・テクモのチーム・ニンジャが共同開発し、スクウェア・エニックスが発行した、iOSおよびAndroidプラットフォーム向けのディスシディアファイナルファンタジーシリーズの無料プレイゲームです。プレイヤーは、ビビ、ジタン、スタイナー、エーコ、ガーネット、クジャ、フライヤ、ベアトリクスの各キャラクターとしてプレイできます。