ファイナルファンタジー7

ff7banner

ファイナルファンタジー7

ファイナルファンタジーVIIは、その世界に没入してしまうファイナルファンタジーシリーズのメイン作品として7作目です。ファイナルファンタジーVIIは、1997年に株式会社スクウェアが開発した日本のロールプレイングゲームです。

Screenshot 2020 07 16 At 15.32.22

このゲームは、後にソニーコンピューターエンターテイメントによって世界中の他の地域で販売されました。また、ヨーロッパおよびアジア諸国向けのPAL(Phase Alternating Line)リリースの最初の『FF』タイトルにもなりました。

ファイナルファンタジーVIIは全シリーズで初めて重畳的3Dモデリング技術を使用しました。これが、プレイステーションに導入されたときにゲームが大ヒットした主な理由のひとつです。それはまったく新しいレベルの経験でした。

ファイナルファンタジーVIIは、革新的なフルモーションビデオと3Dコンピューターグラフィックス(3DCG)の使用を進めました。アートスタイルが大幅に変更され、これは、ビデオゲーム業界が活況を呈し始めた当時における革命的な進歩と考えられていました。

ファイナルファンタジーVIIは、ビジュアル面で時代をはるかに超えていました。ゲームの高度な3DCGとは別に、プレイヤーが展開するキャラクター主導のストーリーラインもその壮大さを確かなものにしました。さらに、強化されたターンベースのシステムは、アクション満載の戦闘に参加するようにプレイヤーを駆り立てました。この2つを組み合わせた結果、当時のファイナルファンタジーVIIは本当に優れたものになりました。

前のエントリでも採用されていたゲームプレイシステムは継続されました。ファイナルファンタジーVIIは、それ以前の作品のレガシーも維持していましたが、SFに起因する広範な要素を導入することができました。この結果、ゲーム内のイベントの表現は、現実的なものに近づきました。

ファイナルファンタジーVIIは、その印象的なストーリーラインで史上最高のビデオゲームのひとつだと言われます。ゲームは、紆余曲折に満ちた複雑なプロットに満ちています。ゲームを一度だけプレイするだけでは、その壮大さを完全に理解するには不十分なくらいです。

ファイナルファンタジーVIIは、大規模なプロモーションキャンペーンによって後押しされ、大きな成功により、いくつかのゲームオブザイヤー賞を受賞しました。このゲームのお蔭で、プレイステーションの売り上げも伸びたほどです。さらに、世界中のさまざまな国でJRPGを普及させました。このゲームでは、プレイヤーは、究極的にはファイナルファンタジーVIIのSFの世界を探索するだけでなく、それをキャラクターの視点から見ることもできました。

設定

ゲームは、ミッドガルというさまざまな顔を持つ都市を舞台に進行します。ミッドガルは想像力に満ちていて、ファイナルファンタジーVIIの世界を最もよく表しています。この街のすべての地区には、多くの影響力と驚きがあります。ミッドガルの光景は、破片、歪んだ形の鉄筋、さびたチェーンリンクのフェンスでいっぱいです。ほとんどの街角は暗闇に包まれ、ミッドガルの陰鬱で暗い側面に影を落としています。一方で、ライトが街のスラム街や街角を照らし、住民はそれを頼りに歩くのです。

Screenshot 2020 07 16 At 15.33.08

ミッドガルは、電気、蒸気、魔法に依存している荒れはてた土地です。技術的には進歩に向けて進んでいるかもしれませんが、この都市が崩壊しつつあるという事実を隠し切れていません。技術はここで恩恵をもたらすものであったはずです。しかし、残念ながら、それはむしろ都市を恐ろしいものにしました。

ミッドガルはガイアの世界の首都です。ガイアは、ファイナルファンタジーVIIが舞台とする惑星です。ガイアはそれ自体が生き物として扱われます。その上で他のすべての生物が生まれるのです。また、人間や生き物が死んだときに還る場所でもあります。惑星の生命線はライフストリームと呼ばれます。ライフストリームは、惑星を流れる精神的なエネルギーの川です。また、亡くなった魂をその記憶とともに保持すると考えられています。

ミッドガルは悲惨さに満ちた場所として計画されていたのかもしれませんが、ゲームの最初の部分はそうではありません。ゲームは、人類が繁栄しているエリアの真ん中にプレイヤーをガイドします。エアリス教会は絵のような光景です。そこは上から輝く太陽光線に照らされています。また、多くのキャラクターの本拠地として機能する「セブンスヘブン」と呼ばれるティファのバーもあります。プレイヤーがこのエリアを散策すると、ウォールマーケットのネオンに照らされたバーやショップに迎えられます。

Screenshot 2020 07 16 At 15.33.39

ゲームのNPCは、建物が同期して蒸気を放出するかのように、人生の困難さや目標についてさまざまに吐露します。これらのすべては、プレイヤーにミッドガルの街が本当は何であるかの印象を与えるはずです。プレイヤーは、ミッドガルが高くもあり、低くもあり、また、その中間の場所でもあることを発見するでしょう。

物語

ファイナルファンタジーVIIの物語は、約2,000年前にジェノバがガイアに到達したときに遡ります。それは悪意と天の暗い前触れに満ちた地球外の生き物です。ジェノバは、しばしば「天からの災難」と呼ばれます。これは、その細胞がウイルスに似ているためです。ジェノバは、その遺伝子を生き物に移して、さまざまな形の怪物に変えることができます。それは基本的にそれが触れるすべての生命体を破壊します。

ジェノバはセトラを傷つけました。ファイナルファンタジーVIIで「古代種」と呼ばれることが多い人間の種族です。彼らは、現代の文明の方法に従って生きている他の人間とは異なり、本能的で深く精神的な生き方をしています。セトラは、ただ自分たちの生活を送っているだけでした。彼らは通常、ある場所から別の場所に移動して安定した集落を形成します。

古代種は惑星の世話係としての役割を果たしていました。しかし、彼らの人口は減少し、ほとんど絶滅の危機に瀕していました。これはジェノバのせいでした。ジェノバが北大陸に衝突したとき、破壊はさらに広まりました。それは巨大な隕石の形を取りました。衝突地点は惑星をひどく傷つけ巨大なクレーターになりました。

その後、ガイアは独自の防衛システムを作り上げます。惑星は、ジェノバと戦うために5つの武器を生産することができましたが、その努力は無駄でした。それらは決して使用されることがなかったのです。北のクレーターにジェノバを閉じ込めることができた古代種もいました。セトラは、すべての希望が失われるまで十分な長期間、その生き物は閉じ込められるだろうと期待していました。

多くの人は、セトラには魔力が備わっていると信じています。また、超自然的な能力に恵まれた人々がセトラの子孫であるというのが一般的な考えです。残りの古代種は邪悪な人間たちによって虐殺される者もいればそれから免れた者もいます。彼らのほとんどは、自分たち自身の安全のために部族内に隠れ、孤立した暮らしをしています。

人間はセトラがつくった入植地に強制的に入りました。技術開発が進むにつれ人々に利便性をもたらしました。それは現代文明の繁栄を助けましたが、残念ながら、技術の進歩は明らかに環境の維持には失敗しました。

人間による残虐行為の影響は、首都ミッドガルでさらに浮上しています。そこは絶対的な荒れ地でした。残りの世界、特にミッドガルは、生命線を惑星に依存しています。しかし、ガイア自体とは別にファイナルファンタジーVIIに「命」をもたらす別の生命体があります。

神羅エレクトリック社は世界でも先駆的エネルギープロバイダーとして浮上し、世界の主要エネルギー源となっています。この超巨大企業はマコを収穫して発電します。それは惑星のライフストリームの液体物質です。マコはまた、惑星と地球上のすべての人によって広く共有されている精神的な力です。

マコの凝縮された形はマテリアと呼ばれます。さまざまな魔法的特性のため、マテリアへの需要は耐えずあります。これらは、ファイナルファンタジーVIIのキャラクターたちが獲得し、求めている輝くオーブです。

神羅は長年にわたってさらに繁栄することになります。大きな成功により、彼らは軍事グループを設立しました。この超巨大企業のセクターは、政治、都市開発、科学、天文学、および通信にも及びました。

神羅の存在がミッドガルの礎となりました。中央発電所の周りに建てられたのが首都です。円形都市の端に配置された8つのマコ原子炉があります。これらのマコ原子炉は、土地の市民に力を提供します。

ファイナルファンタジーVIIは、クラウド・ストライフという名前の若い傭兵の物語を扱っています。彼は、神羅コーポレーションの不正行為と戦うために、アバランチと呼ばれる環境テロリストグループに雇われました。このグループは、不公正と戦うという大義に情熱を傾けるバレット・ウォーレスが率いています。バレットは、巨大企業が惑星の生命の源泉を流出させる計画を企んでいると強く信じています。

クラウドは一見したところ同じ目的を抱いてはいませんが、それにもかかわらずアバランチに参加します。彼はむしろ個人的な利益のために戦います。クラウドは、人生の目標を達成するという決意に駆り立てられています。その目標のひとつは、ティファ・ロックハートという名前の幼なじみとの約束を果たすことができるようになることです。最終的に、環境テロリストグループと旅の過程で、クラウドは悪化する惑星を救うという新しい意味のある目的に傾いていきます。

惑星は、人間による汚染と残虐行為の両方によって脅かされています。しかし、市民にはもっと心配する必要がある他の事柄があります。神羅コーポレーションは惑星に大混乱をもたらしただけでなく、敵を生み出しました。

ジェノバプロジェクトは神羅が行った一連の実験と関係があります。これは「古代種プロジェクト」とも呼ばれます。この超大企業は、ジェノバと人間のハイブリッドをつくりだす実験を行いました。古代種プロジェクトの子孫は、ゲームの重要な悪役になりました。

このゲームの魅力的なキャストは、多くのならず者のように見えるかもしれませんが、目に見えるもの以上のものが確かにあります。彼らはそれぞれが悲劇をテーマにしたバックストーリーを持っています。これらは個人的な魅力をもたらしました。すべてのキャラクターの性格は多層性を持っていることがゲーム全体を通してわかります。プレイヤーは、各パーティーメンバー、二次的なキャラクター、敵の視点で惑星を見る必要があります。

ゲームプレイ

このシリーズのほとんどのゲームと同様に、ファイナルファンタジーVIIもアクティブタイムバトル(ATB)システムを使用します。パーティーメンバーのアクションは、メニューで確認できます。これは、プレイ可能なキャラクターのATBゲージがいっぱいになったときに実行できます。

ファイナルファンタジーVIIの特徴は、4人ではなく3人のパーティーメンバーだけをコントロールできる点です。各パーティーメンバーは、異なる武器、防具、アクセサリーを装備できます。ファイナルファンタジーVIIのユニークな点は、戦闘にマテリアが含まれていることです。

ゲームの最初のレベルはチュートリアルです。プレイヤーは、メカニズムと基本的なゲームプレイを紹介されます。チュートリアルは第1レベルで完了します。ガイドでは、リミットの解除、マテリア、アイテムの使用についても説明されます。

キャラクターとパーティーメンバー

以前にリリースされたゲームのほとんどでは、4人のプレイ可能なキャラクターが許されていました。しかし、ファイナルファンタジーVIIでは、パーティーは3人のプレイ可能なキャラクターのみで構成されます。これは、以後のゲームタイトルの標準になりました。

ファイナルファンタジーVIIは、プレイヤーにさまざまな種類の視点を提供します。このゲームの主要なテーマのひとつとして、アイデンティティに焦点を当てています。これは、メインの主人公クラウドとメインの悪役セフィロスを通して見ることができます。このゲームには、プレイヤーが息を切らしてしまうような厳しいイベントが盛り込まれています。

そのほとんどの部分は、物理的および心理的なトラウマを経験してきたクラウドについてのものですが、超人的な悪役セフィロスもまた、アイデンティティ相克の犠牲になっています。

クラウド・ストライフがゲームの主人公であることを別とすれば、ファイナルファンタジーVIIは他のキャラクターの生活を中心に展開しています。このゲームでは、ティファ・ロックハート、バレット・ウォーレス、エリアス・ゲインズブール、ザック・フェア、ヴィンセント・ヴァレンタインなどの主要な役とサポート役を紹介します。

スタット(ステータスのセット)

プレイ可能なキャラクターには、それぞれ独自の開始ステータスのセット(スタット)があります。これは、キャラクターがレベルアップするにつれて増える可能性があります。ゲーム中でスタットを高めるにはさまざまな方法があります。アイテムのステータスをアップグレードすると、特定のスタット情報を改善できます。スタットは装備されているマテリアの影響も受けます。パーティーにはEXP(経験値)が与えられます。これにより、パーティーのレベルが上がります。AP(アビリティポイント)も配布されます。これによりパーティーメンバーが装備するマテリアを改善できます。

  • 能力

キャラクターが使用できる能力は、装備されているマテリアによって異なります。これにより、追加の魔法、召還、およびその他のメニューコマンド機能が付与されます。マテリアは、他のマテリアと組み合わせた場合にも強化されます。これは、各マテリアが独自のサポート能力を持っているためです。

  • リミットレベル

リミットは、ファイナルファンタジーVIIのリミット機能の実行に使用されるコマンド機能です。これらは、リミット、リミットテクニック、または特殊能力とも呼ばれます。4つのリミットレベルがあります。それらはそれぞれ、リミットブレイク(リミット解除)ゲージがいっぱいになるまでにキャラクターがどれだけのダメージを受けなければならないかを決めています。

リミットゲージがいっぱいになると、攻撃コマンドは「リミット」に置き換えられます。これにより、プレイ可能なキャラクターが特定のリミット能力のひとつにアクセスできるようになります。これは、キャラクターの現在のリミットレベルとロック解除されたリミット能力によります。各リミットはキャラクターごとに異なり、さまざまな特殊効果があります。これは、与えられる物理的または魔法的ダメージの観点から戦闘経験に影響を与える可能性があります。

リミットシステムは、部分的にはファイナルファンタジーVIのデスパレーションアタック(絶望的な攻撃)に触発されたものです。ただし、ファイナルファンタジーVIIのリミットシステムは、HPの割合だけではなくゲージに基づいています。これにより、単に敵にダメージを与えるだけでなく、さまざまな能力が付与されます。

戦闘

メニューコマンドシステムは、マテリアをキャラクターの武器に装備することにより、バトルの物理的および魔法的側面をさらに強化します。マテリアシステムにより、プレイヤーは各パーティーメンバーの能力を自分の好みに合わせてカスタマイズできます。また、リミットシステムにより、プレイヤーは素晴らしい戦闘スキルを活用できます。

パーティーメンバーの位置はメニューで変更できます。彼らは通常、敵に直面すると一列に並びます。これらの敵はさまざまな攻撃陣形になり得ます。キャラクターコマンドは次のとおりです:攻撃、魔法(コマンドマテリア)、召喚、またはアイテム。防御や隊列変更コマンドなどの追加機能もあります。

魔法

魔法はファイナルファンタジーVIIのスキルセットで、プレイヤーが魔法マテリアを装備した後にアクセスできます。パーティーメンバーは、装備されている魔法マテリアの呪文にアクセスできます。実行される呪文はマテリアのレベルに依存します。

  • マテリア

新しいマテリアが見つかるたびに、武器、防具、アクセサリー、パーティーメンバーがより強力で多用途になります。

ファイナルファンタジーVIIには5種類のマテリアがあります。これらは、魔法マテリア、召還マテリア、コマンドマテリア、独立マテリア、サポートマテリアです。魔法と召喚のマテリアは、魔法と召喚のスキルセットにアップグレード可能な魔法またはエレメンタル能力を付与できます。

メニューコマンドには、独自のコマンド機能があります。例えば、盗む能力です。サポートマテリアを他のマテリアと組み合わせて、さまざまな効果を生み出すことができます。一部の魔法マテリアは、キャラクターがレベル2に到達するまで魔法能力を付与できません。

各マテリアはさまざまな特別な呪文を持つことができます。マスター魔法マテリアは、作成に必要なすべてのマテリアを「マスター」することで入手できます。コマンド、召還、魔法マテリアのみがマスターマテリアになります。

マテリアは保護も提供できます。マテリアはまた、呪文ですべてのターゲットを攻撃したり、敵の攻撃に対抗できるようにするなどの能力を高めます。敵がAPを落とすと、マテリアはアップグレード可能になります。マテリアは、マスターされると複製できます。これは、新しいベースマテリアが作られ、装備とアップグレードの準備ができたことを意味します。

探検

ファイナルファンタジーVIIの最初の部分は、ミッドガルの円形都市に焦点を合わせます。ここでは、プレイヤーはある地区から別の地区に進むことができます。もっとも、ミッドガルの息苦しい街角を見ると、プレイヤーが荒れ地のチェーンリンクフェンスの向こうにあるものを味わうとは思わないかもしれません。クラウドのパーティーが解散すると、世界地図は信じられないほどの光景と経験を新たに明らかにします。

サイドクエスト

ファイナルファンタジーVIIのサイドクエストのいくつかは、以前のファイナルファンタジーゲームで見られるものよりも長いものです。サイドクエストでは、プレイヤーはクラウドを制御し、自分の望む方法でゲームを体験できます。この広範な機能により、プレイヤーはその構造が許容する以上のファイナルファンタジーVIIを楽しむことができます。

ミニゲーム

ファイナルファンタジーは、楽しさいっぱいのミニゲームで知られています。ファイナルファンタジーVIIも、それらに劣りません。ゲームには、以前のリリースと比較してより多くのミニゲームがあります。ほとんどのミニゲームは、ゴールドソーサーのテーマパークでプレイできます。プレイヤーはチョコボと競って賞品を獲得することもできます!ゴールドソーサーのその他の楽しいミニゲームには、シューティングコースターやスノーボードも含まれます。

チョコボ

チョコボのお蔭でファイナルファンタジーVIIはより楽しいものになります。この羽のある生き物は、とても大きな鳥以上のもので、プレイヤーが世界を広く遠くに行くために使用します。適切なツール、忍耐、そしてギルがたくさんあると、チョコボは、プレイヤーが一日中乗りたい放題です!これは、さまざまな能力を持つ特別なチョコボを作るべく繁殖できるためです。

音楽

ファイナルファンタジーVIIの公式サウンドトラックは、まさに植松伸夫以外が作曲したものです。これはスクウェアにおける彼の22作目の作品です。ファイナルファンタジーVIIの音楽は、幅広いジャンルの音楽をカバーしています。楽譜には、ロック、テクノ、オーケストラ、合唱のテーマがあります。ゲーム自体と同様に、サウンドトラックも多くの評判を呼びました。最も人気のある曲のひとつは、「エアリスのテーマ」と呼ばれます。別の有名な作品は「片翼の天使」です。最終的に、「ファイナルファンタジーVIIのメインテーマ」も多くのアルバムリリースで取り上げられました。

キャラクター

プレイ可能なキャラクター

「誰もが彼が最も厳しい時期に行動すると主張するかもしれないが、勇敢な男だけが波乱の時期に行動する。」

クラウド・ストライフはファイナルファンタジーVIIの主役です。彼はゲームでプレイ可能なキャラクターの一人です。ニブルヘイム州生まれのクラウドは、幼少期はいろいろ大変でした。彼は幼少時代に募る疑惑と孤独に苦しみました。これは主に彼が誇示する偽のペルソナのためでした。

彼が洗練された若い男に成長する(あるいは彼がそう思った)につれて、クラウドは自分の人生をより良い方向に向けることができました。クラウドは当初、ソルジャーと呼ばれる神羅の準軍事ユニットのメンバーでした。彼はエリートソルジャーになることが自分にふさわしいと思っていました。しかし、運命は彼のために他の計画を用意していました。

後に彼は傭兵になり、神羅打倒のため、環境テロリストグループのアバランチに加わりました。クラウドは、そのパーティーメンバーの中で最もバランスの取れたスタットを持っています。彼は多才であり、そのため彼は最も強力なキャラクターです。

クラウドは、物理的なダメージを与え、マテリアを使って効果的に魔法をかけることができます。彼の究極の武器はウルティマ武器と呼ばれます。これは、彼のHPがフルに近ければより多くのダメージを与えます。すべての敵の攻撃は、クラウドの本当のポテンシャルを表面的にかろうじて傷つける程度です。

クラウドはやせているけれどすきっとした雰囲気があります。彼について最も象徴的なものは、彼の特徴的なとがったブロンドの髪です。これにより、彼は「尖った髪」の愛称を獲得し、アバランチの騒々しいリーダーにからかわれました。クラウドのもうひとつの注目すべきトレードマークは、バスターソードと呼ばれる彼の巨大な武器です。

「君には理解すべきことがある…答えがないね。私はマレーネと一緒にいたい…しかし、私は戦わなければならない。なぜなら、もし私がしなければ…地球は死ぬだろう。だから私は戦いを続けるつもりだ!」

バレット・ウォーレスは、ファンタジーVIIで2番目のプレイ可能なパーティーメンバーです。彼は、アバランチと呼ばれる環境テロリストグループの騒々しいリーダーとして知られています。バレットはタフな男として表わされていますが、時々冷静さを失います。

ゲームの最初に、彼は非常に短気になるためにしばしば間違ったことをします。彼の目的は、神羅が自己の利益のために惑星の生命エネルギーを消費するのを止めることです。しかし、神羅に対する彼の個人的な復讐心は、彼の意欲的な動機にさらに深みを加えます。

バレットは神羅の攻撃で右腕を失いました。彼はそれを義手に置き換え、それを彼の主要な拳銃系武器として使用します。このアバランチのリーダーは、長距離戦闘用にさまざまな銃を使用します。彼はいくつかの近接武器も使用できます。バレットのリミットは、これらの武器の助けを借りて、主に物理的な打撃で構成されています。タフな男は、防御のための強力なスタットと非常に高い強さを持っています。しかし、彼の魔法のスタットは高いとは言えません。

「気持ちを伝えるのは言葉だけではないわ。」

ティファ・ロックハートはファイナルファンタジーVIIでプレイ可能なキャラクターです。彼女はアバランチのメンバーであり、クラウドの幼なじみでもあります。二人はニブルヘイム州で生まれましたが、彼女はその後、ミッドガルに移りました。ティファは、首都のセクター7にある「セブンスヘブン」というバーを持っています。彼女のバーは、アバランチが開催する秘密会議の本拠地でもあります。

ティファは、クラウドが彼の真のアイデンティティを覆ういくつもの層を剥ぎ取るのを助け、ほぼあらゆる方法で彼をサポートします。彼女は、クラウドが踏み出したい道を発見するように勧めています。ティファがクラウドの側にいることで、クラウドという若い男は自分の価値を証明するために人生における自分の目標を追求しています。これらのひとつは、彼の生涯の約束を果たすようになることです。クラウドは、ティファを襲うすべての害から彼女を守ると誓いました。

ティファは彼女の周囲の人々に共感する傾向がありますが、彼女は本質的に感情的に内気です。ティファは自分の気持ちを頻繁には派手に表しません。彼女は母親の属性を持ち、弱い人のバックボーンとして機能します。ティファは、彼女と彼女のグループが直面する課題にもかかわらず、人生に対し楽観的な見方を保っていることで知られています。

ティファ・ロックハートは、巨乳でスレンダーで美しい黒髪の女性キャラクターとして登場します。しかし、彼女はいつも不安に悩まされているような、よくある乙女ではありません。ティファは裸拳のモンクです。これは、彼女が魔法よりも拳においてはるかに優れていることを意味します。彼女のこのスキルのおかげで、彼女は拳が当てた相手に致命的な強力なパンチを与えることができます。

「私はあなたのことを知りたい。本当のあなたを」

エアリス・ゲインズブールはファイナルファンタジーVIIのプレイ可能なキャラクターです。彼女は、ミッドガルの都会のスラム街で生計を立てるために花を売る若い女性です。エアリスは、彼女が花を渡すのと同じように希望を渡します。ストリートで何年も過ごしたため、彼女は、遮光的で、ストリート志向な態度をとります。彼女は本来的にとても親切です。

親切な性格とは別に、エアリスを非常にユニークにしている別の要因があります。彼女は、ジェノバによって絶滅の危機に瀕した古代種である最後の生きたセトラであると信じられています。

エリアスは、ソルジャー時代からクラウドの親友であるザックとデートしました。彼女はミッドガルのクラウドと出会い、すぐに親しい友人になります。これは、彼女がクラウドの中にザックと似た姿を見てそれに惹かれているためです。彼女と彼との絆のせいで、エリアスは神羅とセフィロスと戦うクラウドのミッションに参加しました。

しかし、エアリスの独立心が強く親切な魂は、しばしば彼女自身に災難をもたらします。これは、彼女が他人の重荷を背負おうとするたびに起こります。彼女には、他のパーティーメンバーとは異なり、多くの性格的な欠陥はありません。エアリスは最初から気高いかもしれませんが、彼女の力は試されます。

彼女は装備したマテリアの魔法をバトルで使います。エアリスのリミット能力は防御に焦点を合わせています。彼女は回復能力を提供することができます。彼女は、他のパーティーメンバーを癒すか、積極的なステータス強化を付与することができます。エアリスは古代のアーティファクトを身に付けています。これは彼女の母親が彼女に与えた白いマテリアです。彼女はホーリーを唱えることができる唯一のキャラクターです。

「なんて魅力的な話…」

レッドXIII(ナナキ)はファイナルファンタジーVIIでプレイ可能なキャラクターです。ナナキは、ファイナルファンタジーVIIコンピレーションのさまざまなゲームにも登場します。彼は眼帯を付けた赤いライオンまたはオオカミのような獣のように見えます。レッドXIIIには、イヤリングや小さな布きれなど、いくつか身体の飾り物もあります。

レッドXIIIは、ナナキが標本とされたときの名前です。彼は捕虜にされ、宝条教授によって実験材料とされました。彼はトラウマ的な過去に苦しんでいたかもしれませんが、レッドXIIIは依然として名誉と勇気の強い感覚を持ち続けることができます。彼は礼儀正しく、好奇心が強く、非常に慎重です。しかし、彼は人間に対してわずかな嫌悪感を抱いています。これは、神羅が彼に対して冷酷な扱いをしたためです。

レッドXIIIは、クラウド・ストライフや残りのアバランチメンバーとともに戦います。一見犬と猫が混ざった獣のような彼は、さまざまな頭飾りを使います。これらは彼の戦闘能力を高めることができます。レッドXIIIのスタットは多用途であり、最高速度のスタットを持っています。リミテッドムーンと呼ばれる彼の究極の武器は、MPゲージがいっぱいになると、より多くのダメージを与えることができます。

「私の体のようなぬいぐるみはたくさんあるけど、私は1人だけだよ!」

ケット・シーはファイナルファンタジーVIIのプレイ可能なキャラクターです。ケット・シーは人間の特徴を例示しています。彼は、身長3フィート(90cm)をわずかに超える、遠隔操作のぬいぐるみ猫です。彼は短い黒い毛皮、白いお腹、そしてかわいい顔をしています。ケットはまた、頭に小さな冠をかぶり短い赤いマントと白い手袋を着用しています。

ケット・シーは陽気で遊び心のある存在として表現されています。しかし、彼は非常に臆病です。このため彼はファイターとしては弱いです。彼は時々大声を出すため、他の人はケット・シーの存在に苛立つことがあります。

ケット・シーは、しばしばメガホンを使用するように見えますが、これは彼のモーグリに命令を実行させるためです。彼はサイコロとスロットと呼ばれる2つのリミット能力しか持っていません。ケット・シーのスタットは、魔法を除いて低く、受けるダメージもランダムになる傾向があります。

「おい、てめえは俺が誰だかわかってんのか?俺はシドだ。俺がシドなんだ。ほら、それを俺に任せてみろ!」

シド・ハイウィンドはファイナルファンタジーVIIでプレイ可能なキャラクターです。彼はまた、ファイナルファンタジーVIIコンピレーションのさまざまなタイトルに表われます。シドは、ゲーム内のすべての主人公の中で最も下品であると考えられています。彼は、悪態をつき、短気で、チェーンスモーカーとして悪名高い人物です。

シドは元機械科学者でした。彼の生涯の夢は、ロケットを宇宙に送ることです。残念ながら、シドは神羅のスキルを信用していません。この邪悪な超大企業の幹部がシドの飛行機を盗もうとしたため、彼はクラウドや彼の仲間とともに神羅と戦うことにしたのです。

シドはバトルで槍を使用します。彼のリミット能力により、彼はジャンプして、槍で敵を突きます。彼のこのアクションスタンスのおかげで、複数の敵を攻撃したり、敵を複数回攻撃したりできます。壊滅的なダメージを与えることもあります。シドには生来の魔法の力はありません。彼は、攻撃用の武器を利用することにより熱心です。

オプションのプレイ可能キャラクター

「私はとてもいい奴だから、あんたは私の助けが欲しいんだよね!」

ユフィ・キサラギはファイナルファンタジーVIIではオプションプレイ可能なキャラクターです。彼女はニンジャ(忍者)であり、大きな手裏剣を振るうシーフ(泥棒)です。ユフィは、ゲーム内で適切なダイアログの選択肢を選択することで採用できます。

ユフィはマテリアハンターです。彼女は反抗的で生意気なおてんば娘のようです。大部分のキャラクターと同様に、彼女には目標もあります。ユフィは、故郷のウータイを復元することを目指しています。神羅電力会社がその地を征服するまで、ウータイは栄光の国でした。ユフィは不快な態度を見せるかもしれませんが、友好的です。マテリアハンターは助けになり、楽観的で、バトル中にパーティーにスキルで手を貸してくれます。

ユフィはパーティーのメンバーとして手裏剣を振るいます。このため、彼女は長距離攻撃に最適です。ニンジャのスタットは平均以下ですが、彼女は最高の運のスタットを持っています。彼女の究極の武器はコンフォーマーと呼ばれます。これにより、敵のレベルに基づいてより多くのダメージを与えることができます。

「希望が大きすぎると、絶望の反対になる。圧倒的な愛は、最終的にあなたを食い尽くしてしまう。」

ヴィンセント・ヴァレンタインは、ファイナルファンタジーVIIのオプションのプレイ可能なキャラクターです。彼はまた、ファイナルファンタジーVIIコンピレーションの他のゲームタイトルに登場します。
ヴィンセントの生涯の物語は、ファイナルファンタジーVIIのイベントの約25年前に始まりました。

彼は当初、神羅の「行政研究部門」支部のトルコ人でした。ヴィンセントの仕事は、ニブルヘイムで、ジェノバプロジェクトを監修し守ることでした。勤務中、彼はルクレシア・クレセントという女性に出会いました。彼女は彼女の共同科学者であるガスト・ファレミスの助手を務めていました。

しかし、ヴィンセントはすぐに彼女の愛が宝条教授に向いていることに気づきます。この状況に心破れ取り乱したものの、彼はルクレシアの幸福のために彼らの関係を受け入れます。

彼の暗く腹立たしい経験をしましたものの、ヴィンセントは多くの秘密を隠しました。しかし、彼は宝条と彼の非人道的な行動に対する彼の計り知れない憎しみを隠すことができませんでした。彼は宝条に立ち向かい、彼の介入のために殺されました。ヴィンセントは実験材料にされ、最終的には死からよみがえりました。

残念ながら、死でさえ彼のシステムから痛みを取り去ることはできないように思われました。彼はルクレシアの悲劇の運命に自責の念をもって嘆きます。ヴィンセントは世界から身を遠ざけ、深い眠りに落ちます。これは20年間続きました。クラウドが彼の棺を偶然見つけるまで。

ヴィンセントは、長距離ではあるものの平凡な攻撃力を持つ銃を使用することで知られています。ただし、それらのうち2つは、ヒットする可能性が最大です。ヴィンセントのリミットは彼のすべてのコントロールを奪いますが、これにより彼は多くのダメージを与えて抵抗することができます。

ヴィンセントには、目立つ深紅色の目とカラスのような長く束ねた髪を持っています。彼は赤いバンダナを着用し、その上にフリンジを付けています。彼はまた、金の金属製の腕のガントレットを持っているため、全体的に悪人という雰囲気です。ヴィンセントの最も特徴的な外観は、彼特有の朱色のマントです。

敵役

「死だけがあなたたち全員を待っていますが、恐れることはありません。なぜなら、死を通して新しい霊のエネルギーが生まれるからです。すぐに、あなたは私の一部として再び生きるでしょう」

セフィロス(片翼の天使)は、ファイナルファンタジーVIIのメインの敵役です。彼はまた、ゲームの拡張された宇宙の主要な悪役の一人です。セフィロスは、クラウド・ストライフの大敵として描かれています。片翼の天使は、クラウドの悩ましい過去の象徴であり、彼を悩ませ続けています。

彼はヒューゴ教授による実験の産物です。ジェノバの細胞は彼のシステムを介して急上昇し、彼に超人的な能力を付与します。セフィロスはかつてソルジャーだったため、神羅のエリート準軍事プログラムの中で最も高く評価された作品のひとつとなりました。彼はすぐに有名な戦争ヒーローになり、神羅軍と会社のソルジャープログラム両方のアイコンになりました。セフィロスが彼の本当の起源について知ったとき、それは彼を狂気に落としました。彼の狂気と権力の追求は彼を狂気に導きました。彼は自分を神に変えて世界を破壊したいという欲求に駆られています。

セフィロスはメシアの複合体を開発したかもしれませんが、彼はまだ価値があると思うものを尊重しています。彼は通常落ち着いていて、常に感情をコントロールしており、ドライなユーモアのセンスを持っています。セフィロスは武器を持つと危険であり、邪魔者は容赦なく斬り捨てます。彼はまた、弱い敵であればからかい言葉で容赦なく打ちのめし、怪我にはさらに侮辱を加えます。

セフィロスは、筋肉質の体型の背の高い男として表現されています。彼は、黒いブーツと黒いズボンを履き、銀色のポードロンを備えた長い黒いコートを着ています。セフィロスは緑色の猫のような目をしており、めったに見られない7フィートの長い刀である正宗を振るいます。

「あなたは…人形だから」

ジェノバはファイナルファンタジーVIIにおける地球外生命の形です。エイリアンクリーチャーは、ファイナルファンタジーVIIコンピレーションに含まれる他のゲームにも登場します。ジェノバの年齢は不明ですが、ジェノバはガイア自体よりも古い可能性があると考える人もいます。

ジェノバはファイナルファンタジーVIIの世界でメインの敵役です。その細胞はゲームで多くの敵を生み出し、片翼の天使セフィロスを「誕生」させました。ジェノバとセフィロスとの遺伝的融合は、彼女の本能と彼の悪意のある意志と知性を組み合わせたものです。

「恥ずかしがらないで、小さな子猫ちゃん。こっちで踊って、パパに甘いお砂糖をおくれ!」

ドン・コルネオは、ミッドガルの第6地区のウォールマーケットに住んでいる大きなかつら男です。そこは、ショップ、レストラン、ハニービーインとして知られる悪名高い売春宿に近いエリアです。ドンは売春宿によく行き、夜をともに過ごす女性を探します。

ドン・コルネオはマフィアのリーダーのステレオタイプであり、手下に汚い仕事をさせることで生きています。彼は恐怖と軽蔑の両方の大きな評判を築き、それは彼の体格に合っています。彼は倒錯し、彼の欲望を満足させるために誘拐した美しい女性との逢瀬を楽しんでいます。ドン・コルネオは恐れられるかもしれませんが、臆病者です。

神羅コーポレーション

「科学の力を超えて…あなたの存在の前に、科学は無力です…私はそれを憎みますが、私はそれに認めます。ただ…見せてください。」

宝条教授は、ファイナルファンタジーVIIコンピレーションにおける主要なキャラクターです。彼はファイナルファンタジーVIIで2番目の敵役を演じています。

宝条は、神羅の準軍事プログラム「ソルジャー」の首謀者です。また、ジェノバプロジェクトを率いています。彼はかつて神羅の最も尊敬された科学者だったかもしれませんが、宝条の目標は神羅の目標とは一線を画しており、科学の追求と彼の最大の創造物であるセフィロスの行動の監視に焦点を当てています。ソルジャーを伴う宝条の行動とジェノバを通して、宝条はゲームのメタシリーズの主要な敵のほとんどと結び付いています。

宝条はマッドサイエンティストです。彼にとって、すべての生命形態は単なる実験テーマに過ぎません。彼は他人の幸福を気にしません。これは、彼が仮説や科学理論を試してみるときは特にそうです。宝条教授は傲慢であり、他人を見下しています。宝条の唯一の動機は科学の追求です。彼の唯一の望みは、惑星を究極的に理解することです。多くの点で、彼の非人道的な行動は、彼がどれだけ狂人であるかを証明しました。宝条教授は常に知識を広げるためにあらゆる手段を講じる用意があります。

「最近、あなたの夢が叶うのに必要なのはお金と力だけです。」

プレジデント神羅はファイナルファンタジーVIIでマイナーの悪役です。以前は、神羅アームズマニュファクチャリングカンパニーの社長を務めていました。マコのエネルギーの発見は、事実上の世界の独裁者になる立場を彼にもたらしました。

プレジデント神羅は、軍事力とメディア操作を駆使して人々をコントロールしています。彼のこの意欲はまた、神羅が世界、特にミッドガルを支配するように駆り立てています。彼はお金で世界を支配しようとしました。プレジデント神羅は最高の武器とソルジャーを作るために数十億ドルを注ぎました。彼には3人の子供がいて、全員に3人の母親がいます。ただし、2人は違法です。プレジデント神羅は、ルーファスだけを後継者と見なしています。

「私は恐怖で世界をコントロールする。私の父にはそれは手に負えない。少しの恐怖が大衆の心をコントロールする。彼らに無駄金を使う理由はない。」

ルーファス神羅は神羅コーポレーションの社長の嫡出児です。ルーファスは後に超大企業の支配権を獲得します。

ルーファスは父親を愛していないようです。彼は、超大企業の最高経営責任者(CEO)としての地位から彼を叩き出そうと画策しています。ルーファスはほとんどの点で父親と同じです。彼の主な目標は、神羅カンパニーを通じて世界を支配し、会社の力を広げることです。しかし、ルーファスは父親の似姿から外れています。これは、彼が人々をコントロールするために恐怖を使うからです。ルーファスの計画のひとつは、人々のアバランチに対する疑念を利用することです。彼は環境テロリストグループを操作するためのツールとしてセフィロスを使用しています。

「流星の報告に起因する混乱により、私たちは必死に国民の支持を集める必要があります…私たちは誰かを罰する方がましです…誰でもよいのです。」

スカーレットはファイナルファンタジーVIIの軽微な敵役の一人です。彼女は神羅電力会社の武器開発部長を務めています。スカーレットは冷酷であり、彼女の目標を達成するために必要なあらゆる方法を使用することに熱心です。

スカーレットは暴力に恵まれていない唯一の女性の神羅の幹部です。彼女は、自分と神羅社が関与する問題に対処しなければならないときに、暴力に訴えることで有名です。

ゲームポート

ファイナルファンタジーVIIはひとつのプラットフォームに限定されていませんでした。その成功により、さまざまなゲーム機の強化されたポートも支配しました。これにより、スクウェア・エニックスが制作した「ファイナルファンタジーVIIコンピレーション」と呼ばれるメタシリーズが誕生しました。ゲームタイトルは、ゲームの続編としてファイナルファンタジーVIIの筋書きを中心に展開するビデオゲーム、映画、短編小説のコレクションです。

プラットフォーム 地域別の発売日
プレイステーション 日本:1997年1月17日
米国/カナダ:1997年9月7日全
地域:1997年12月2日
パソコン NA/PAL:1998年6月25日
スティーム すべての地域:2013年7月4日
iOS すべての地域:2015年8月19日
プレイステーション4 すべての地域:2015年12月5日
アンドロイド すべての地域:2016年7月7日
スイッチ すべての地域:2019年3月26日
XboxOne すべての地域:2019年3月26日

1997年に最初にリリースされてから20年経った今でも、ファイナルファンタジーVIIは非常に高い評価を得ているビデオゲームのひとつとして残っています。プレイステーション4で今後登場する高解像度リメイクは、ファイナルファンタジーのファンを興奮させています。

ファイナルファンタジーVII:リメイク(2020)

プレイステーション向けのファイナルファンタジーVIIは、今から約20年前にリリースされました。スクウェア・エニックスは今年、ファイナルファンタジーVIIのリメイクのリリース日を正式に発表しました。この素晴らしいリメイクは、2020年3月3日に世界中で発売されます。PS4専用です。

コアなファイナルファンタジーシリーズを貫く創造的なキーファクターのひとつは、イノベーションです。スタジオが長年にわたってマスターしてきたもうひとつの要素は、複雑なストーリーラインです。スクウェア・エニックスは境界を押し広げ、プレイヤーとファンに今後の可能性を予想させました。

ミッドガルのPS4における変身ぶりは、まさに見ものです。細かさのレベルは驚くべきものです。それらはすべて、首都について多くを語っています。

Screenshot 2020 07 16 At 16.01.52

ミッドガルはしばしば非常に暗い荒れ地と見なされますが、実際にはこの都市には色と多様性という顕著な要素があります。この予告編は、ミッドガルが実際にどのようなものであるかについて、プレイヤーに美しいビジュアルイメージを与えました。しかし、開発者は彼らのデザインに、リアルな写真のようなアプローチは取り込みませんでした。代わりにスクウェア・エニックスは、定型化された外観を追求することを選択しました。これは、オリジナルのゲームで取り上げられた芸術的なデザインと選択肢を尊重するものです。

Screenshot 2020 07 16 At 16.02.19

息をのむような4Kグラフィックスとは別に、ファイナルファンタジーVIIリメイクでは、キャラクターのストーリーテリングがより重視されています。これに最先端の技術を使用することにより、プレイヤーはこれまでにないようなキャラクターの表情をよりよく見ることができます。この結果、リメイクされたシステムに統合された高解像度のパフォーマンスにより、プレイヤーの没入感と楽しさのレベルがさらに向上します。

Screenshot 2020 07 16 At 16.02.51

リメイクでは、スクウェア・エニックスが史上初めてオリジナルのファイナルファンタジーVIIに声を与えます。プレイヤーはすべてのキャラクターのストーリーアークに没頭することができます。ゲームには新世代の俳優が登場し、すべての才能を組み合わせて、オリジナルのファンと新しいプレイヤーに最高の体験を提供します。ファイナルファンタジーVIIリメイクは、ファイナルファンタジーシリーズに飛び込みたい人のための完璧な出発点となるものです。

プレイヤーは、ゲームのミッションにおいて目に見えなかった瞬間を初めて目にするでしょう。ファイナルファンタジーVIIのリメイク版は、ストーリー自体に限定されません。北瀬義典は、ファイナルファンタジーVIIの世界をはるかに超えてそれを明らかにし、ファンの期待に応えることを約束しています。

Screenshot 2020 07 16 At 16.03.27

スクウェア・エニックスは、このゲームの最初のリリースに見られる古典的なコンセプトに新しいスピンを加えることを目指しました。開発者スタジオは、アクションタイムベース(ATB)システムにアクセス可能な進化を提供しました。これにより、プレイヤーはパーティーメンバーを戦術的かつ完全に制御できるようになります。

Screenshot 2020 07 16 At 16.04.05

スクウェア・エニックスがつくりだしたシステムは、複数のパーティーメンバーを管理するという戦略的な決定を引き継ぎます。これにより、プレイヤーは幅広い能力と呪文から選択できます。プレイヤーは、選択したキャラクターをもって他のパーティーメンバーに命令させるというように制御できます。プレイヤーは、作業をAIに任せることもできます。プレイヤーがバトル中に別のパーティーメンバーに切り替えるタイミングを選択することもできます。このシステムにより、すべてのプレイヤーが自分のプレイスタイルを自由に選択して最適化できます。

Screenshot 2020 07 16 At 16.04.29

ファイナルファンタジーXVとは異なり、ファイナルファンタジーVIIリメイクではリアリティの追求はありません。ファイナルファンタジーVIIのファンタジーのような雰囲気が適切に再現されました。当初のファイナルファンタジーファンには、発売日が日に日に近づくにつれて、期待は徐々に大きくなるはずです。

Screenshot 2020 07 16 At 16.05.25

総合ゲームスコア

ウェブサイト スコア
メタクリティック 92%
IGN 8.2/10
ゲームスポット 8/10
ゲームインフォーマー 9.75/10
ファミ通 38/40
ゲームランキング 86%
ゲームプロ 4.5/5

ゲームのスピンオフ

ファイナルファンタジーVIIは、ファイナルファンタジーシリーズ全体で最も売れているゲームで、世界中で1,200万枚以上が販売されています。1997年のリリース以来、最も影響力のあるJRPGのひとつとして広く知られています。ファイナルファンタジーVIIの記憶に残るサウンドトラック、魅力的なキャラクター、プロットは並外れたものです。

ゲームの人気と成功は、前編、続編、スピンオフといったメタシリーズも生み出しました。これはファイナルファンタジーVIIコンピレーションと呼ばれます。このシリーズは、オリジナルのファイナルファンタジーVIIのメインキャラクターの一部にスポットライトを当て、各バックストーリーの詳細な理解をプレイヤーに提供します。

ファイナルファンタジーVII:アドベントチルドレン

ファイナルファンタジーVII:アドベントチルドレンは、CGIアニメーション映画です。ファイナルファンタジーVIIの続編に当たります。この映画は、プレイステーションポータブルハンドヘルドコンソール用のDVDおよびUMDディスクでリリースされました。また、2009年4月にブルーレイディスクでリリースされた「ファイナルファンタジーVII:アドベントチルドレンコンプリート」というタイトルの拡張版も続きました。

ストーリーは、1997年にプレイステーション向けにリリースされたファイナルファンタジーVIIのメインイベントの2年後です。アドベントチルドレンはクラウド・ストライフを中心にしています。この傭兵は、彼がまだ折り合いを付けていない彼の中の個人的な悪魔のために、彼の仲間から距離を置いています。セフィロスの敗北後2年の間に、「ジオスティグマ」と呼ばれる致命的なペストが地球全体に広がりました。感染者の中には、クラウドと、クラウドとティファの管理下にあるデンゼルという孤児がいます。

ファイナルファンタジーVII:ダージュオブケルベロス

ファイナルファンタジーVII:ダージュオブケルベロスはPS2専用ゲームです。ゲーム内の一連のイベントは、ファイナルファンタジーVII:アドベントチルドレンの3年後のものです。

ストーリーはヴィンセント・ヴァレンタインを中心に展開し、彼をゲームの主役にしています。ダージオブケルベロスは、「ディープグラウンド」と呼ばれる組織のメンバーを引き受けます。これらの敵の束は、鉄壁のプランを企てていると考えられています。ヴィンセントは、ディープグラウンドが惑星上のすべての生命を破壊するためにオメガと呼ばれる生物を使用することを阻止するために、その足跡を追います。

ファイナルファンタジーVII:クライシスコア

ファイナルファンタジーVII:クライシスコアはプレイステーションポータブル専用です。2007年にプレイステーションポータブル用にスクウェア・エニックスによってリリースされました。このゲームは主に、ミッドガルの準軍事組織ソルジャーの若いメンバーであるザック・フェアに焦点を当てています。彼は、クラウドのバスターソードの最初の装備者でした。ストーリーは、ザックが悪役のソルジャー脱走者に立ち向かうファイナルファンタジーVIIのイベントの7年前に始まります。クラウドの親友は、ジェノバプロジェクトから生まれた他の悪にも直面します。

ファイナルファンタジーVII:笑顔への道

ファイナルファンタジーVII:笑顔への道は、ファイナルファンタジーVIIとファイナルファンタジーVII:アドベントチルドレンのタイムラインの間を舞台とする一連の短編小説で構成されています。日本語、英語など4つの言語でリリースされました。笑顔への道シリーズは、ゲームの主人公のさまざまな視点を取り入れています。