カテゴリー: ブログ

ファイナルファンタジーXIV:いまでもプレイする価値はあるのか?

ファイナルファンタジーXIVは、スクウェア・エニックスが開発・発売した多人数参加型オンライン・ロールプレイングゲームです。FFXIVは当初、発売数日後は批評家とファンの両方から良い評価を得られませんでした。その後、何年にもわたるアップデートと手直しを経て、市場で最も愛されるMMOの1つとなりました。

FFXIVは、ここ数カ月で関心が大きく高まり、何千人ものプレイヤーがこの壮大なオンライン世界に参加するために登録しています。FFXIVは、PS4、PS5、デスクトップPCでプレイ可能です。このMMOゲームがなぜ突然人気を集めたのか気になる方は、ここでFFXIVの世界について知っておくべきことを紹介しますので、なぜプレイするに値するのか探ってみてください。

驚きの無料トライアル

ファイナルファンタジーのようなMMOゲームの欠点は、購入しなければプレイできないことです。ゲームを購入することは、本当にプレイする価値があるかどうかを事前に知りたいという人によっては、面倒なことかもしれません。これらのゲームをプレイするには、基本ゲームと必要なDLC、そして月額課金を購入する必要があります。ゲームをプレイする前に多くの購入が必要になると、やる気が失せます。ありがたいことに、FFXIVには膨大な量の無料体験版が用意されています。

この無料体験では、レベル60(基本ゲームと最初の拡張版「蒼天のイシュガルド」)までゲームをプレイすることができます。その後もゲームを続けるには、月額課金と拡張機能の購入が必要です。ここまでプレイすれば、このゲームが自分に向いているかどうかが分かると思います。

FFXIVではクラスやジョブの入れ替えが可能

ファイナルファンタジーXIVの魅力のひとつが、ジョブ(クラス)システムです。プレイヤーはレベル10になるとトレーナーと会話できるようになり、装備さえ整えればいつでも好きなクラスに転職できるようになります。

ワールド・オブ・ウォークラフトのような他のMMOゲームでは、ゲーム開始時にクラスがキャラクターに固定されますが、ファイナルファンタジーXIVでは、プレイヤーがクラスやジョブを変更したい場合、まったく新しいキャラクターを作り直したり、コンテンツを再プレイしたりする必要はありません。FFXIVでは、さまざまなジョブが選択可能です。

ゲーム開始時に選択できるものもあれば、プレイヤーが1〜2個のクエストをクリアすることでアンロックされるものもあります。このように、ジョブシステムはプレイヤーに自由度と汎用性を与えているのが印象的です。

FFXIVに登場するジョブと、それぞれの機能:

  • 弓使い – 弓と矢
  • 吟遊詩人 – 効果をもたらす歌
  • ビーストマスター – 獣に対応する
  • バーサーカー – 制御不能な攻撃
  • 黒魔道士 – 魔法を使う
  • 青魔道士 – 敵のスキルを習得する
  • 化学者 – アイテムの使い手
  • 踊り子 – 効果を発生させるダンス
  • ダークナイト – ダメージを与えるために、自らを犠牲にする必要がある
  • ドラグナー – 槍を使う
  • 戦士 – 近接戦闘機
  • ギャンブラー – チャンス能力を持つ
  • 風水師 – 戦場に関連する呪文を使用する
  • ガンナー – ライフルやピストルを使う
  • 騎士 – 高い防御力と攻撃力
  • 魔法剣士 – 物理攻撃だけでなく、黒魔法も使用可能
  • ものまね士- 味方の攻撃をコピーする
  • モンク – チャクラと素手での戦闘を行う
  • 忍者 – 敵にアイテムを投げつける
  • たまねぎ剣士 – 他のジョブに応じたアビリティを使用
  • パラディン – 体力を活かした白魔法・プロテクション
  • 赤魔道士 – 白魔法・黒魔法を使う
  • 侍 – 剣で戦う
  • 学者 – 他の敵の情報を見る
  • ソルジャー:敵のデバフや剣を使用する
  • 召喚士:モンスターを召喚して戦わせる
  • シーフ – 他人のものを盗む
  • 時魔道士 – 時間を遅くしたり早くしたりすることができる
  • ウォリアー – 剣を使う
  • 白魔道士 – 味方を回復させる

魅力的なストーリー展開

FFXIVの話題になると、ファンも批評家も必ずと言っていいほど、ストーリーや拡張機能を賞賛しています。ゲームの物語は映画のようなカットシーンで展開し、その成熟したテーマは、喪失や贖罪といった現実的なテーマに触れています。

賞賛は後者の拡張に投げかけられ、最初のローンチにはそれほどでもありませんでしたが、ベースゲームが残りのプロットの土台を築いたことは注目に値します。ファンも批評家も、このゲームのストーリーが一流であることに同意しており、そのほとんどがFFXIVにチャンスを与えるべきだという意見であることは特筆に値します。

広大なゲームの舞台

ファイナルファンタジーXIVの探索とクエストは広大です。各プレイヤーは、何も逃さないように親しみやすさを散りばめながら、ユニークな独立した体験をすることができます。ゲーム内のマップは、樹冠から砂漠、都市まで、さまざまな種類の環境とバイオームをカバーしています。このゲームのビジュアルは、まさにそのすべてを象徴しています。息を呑むような風景に、思わず没頭してしまう。

細かいキャラクター設定

FFXIVは、そのキャラクタークリエイトをはじめ、あらゆる面で細部にまでこだわっています。プレイヤーがキャラクターを作成する際、まず選択するのが種族だ。

  • ヒューラン – エオルゼア発祥ではなく、エオルゼアに移住して技術を持ち込んだ人類。
  • ミコッテ –  FFXIVに登場する猫のような種族です。動物的な特徴を持ち、その一部は『ファイナルファンタジーXI』のミスラに匹敵しますが、ミスラとは異なり、オスとメスのミコッテはプレイアブルキャラクターです。
  • エレゼン – エオルゼア大陸に最も古くから居住し、他の種族と平和的に共存しているエオルゼア出身の種族。
  • アウラ – 角と鱗状の皮膚を持つ。FFXIVではプレイアブル種族として登場します。
  • ルガディン – FFXIVに登場する蛮族で筋肉質な種族。エオルゼア北部の海域からやってきました。『ファイナルファンタジーXI』のガルカに匹敵しますが、尻尾はなく、エルフのような外見をしているわけではありません。
  • ララフェル – ファイナルファンタジーXIに登場する「たるたる」に似た、小さくて愛らしい種族。しかし、体高が高く、タルタルの特徴である濃い色の鼻はありません。
  • ロスガル – ライオン種族で、FFXIVの伝承では女性が珍しいため、男性としてのみプレイすることができます。
  • ヴィエラ – FFXIVの伝承では男性が珍しいため、女性としてのみプレイ可能です。

これらの種族は、それぞれ任意のクラスやジョブとしてプレイすることができます。

ファイナルファンタジーXIVは初心者に優しい

個人的には、初心者に優しいゲームは必見です。ゲームを学びながら、ゲームを熟知している人と一緒にプレイするのは、オンラインMMOゲームでは難しいことです。ありがたいことに、『FFXIV』のコミュニティには、お互いのスキルレベルが合う人とペアを組めるようなシステムがあります。 このゲームの批評家の多くは、「FFXIV」が経験に基づいて新参者に優しいコミュニティであることを述べています。

まとめ

ファイナルファンタジーXIVは、長期的なプレイヤーを対象としたゲームです。何時間ものコンテンツがこのゲームをプレイする価値を高めていますが、コミットメントが必要です。このゲームの価値、つまり魅力的なストーリーを楽しむ必要があります。コンテンツを読み飛ばしたり、ストーリーやカットシーンを急いだりするのは禁物です。メインストーリーやクエストを終えるには長い時間がかかりますが、そのような作りになっているのには理由があるので、時間をかけて楽しんでください。FFXIVは、豊かなストーリーと息を呑むようなビジュアルを持つゲームが好きなら、プレイする価値があると思います。

ファイナルファンタジーシリーズのベストボスバトル8選

ビデオゲームを楽しみたいと思ったとき、数多くの選択肢があります。その中でも、「ファイナルファンタジー」のようなロールプレイングゲーム(RPG)は、皆に人気のゲームジャンルです。他の独立したゲームとは異なり、「ファイナルファンタジー」はポップカルチャーの中で最も優れ、そして、親しまれたビデオゲームシリーズの一つです。

「ファイナルファンタジー」は、スクウェア・エニックスが制作した日本のアンソロジーです。このゲームでは、プレイヤーはサイエンス・ファンタジーに満ちたエキサイティングなゲームプレイを体験できます。多くの人に愛されている理由の一つは、特別な物語を持つ20以上のフランチャイズがあることです。 

いくつかのゲームがある為、プレイヤーはユニークなストーリーやスキルを持つさまざまなキャラクターに出会うことができます。登場するキャラクターの中には、プレイヤーが倒さなければならない悪役もいます。簡単に倒せるキャラクターもいれば、逆に困難なキャラクターもいます。それぞれのゲームにはボス戦がありますが、ここでは「ファイナルファンタジー」で起こった最高のボス戦をご紹介します。

ファイナルファンタジーVII: セーファ・セフィロス

「ファイナルファンタジーVII」が多くのプレイヤーに愛されているのは、フランチャイズの中で初めてフル3Dでレンダリングされたゲームだからです。本作の注目すべきキャラクターの一人がセフィロスです。セフィロスは、高名な軍人であり戦争の英雄ですが、悲劇的な背景を持つ悪役です。セフィロスは、通常の姿のほかに、上半身は人間、下半身には翼が生えた「セーファ・セフィロス」という姿でも登場します。

「ナイツオブラウンドマテリア」を持っていないプレイヤーは、激しい戦いを強いられます。「スーパーノヴァ」と呼ばれる彼の究極の攻撃は、あらゆる攻撃の中で最も長い攻撃となります。この攻撃のアニメーションは2分間にも及びます。

ファイナルファンタジーVIIリメイク: ルーファウス神羅

「FFVII」の人気を受けて、ファンに向けてリメイク版が発売されましたが、このゲームはこれまでとは違ったアプローチで楽しむことができます。このゲームには多くの壮大なシーンがありますが、その多くに悪役が関わっています。セフィロスはもちろんのこと、ルーファウス神羅も最高の悪役の一人です。

クラウドとの戦いは、多くのプレイヤーを楽しませました。彼のエッジの効いた美学により、最初のフェーズでヘリコプターを呼ぶ前にパニッシャーモードを使用したときも、プレイヤーを楽しませました。彼の行動には、彼の性格や人生で何を望んでいるかが反映されているので、ゲームをより面白くしました。

ファイナルファンタジーVIII:アルティミシア

「FFVII」が素晴らしいゲームであったにもかかわらず、プレイヤーの中には、「FFVIII」をあまり気に入っていない人もいます。なぜなら、「FFVII」がもたらした注目に応えられなかったからです。しかし、アルティミシアを介して史上最高のボス戦を実現したことに関しては、プレイヤーが賞賛するところです。

アルティミシアには4つのフェーズがあり、難易度の高いバトルを楽しむことができます。一段階目は初期形態、2段階目はグリーヴァ、3段階目は融合したモンスター形態、そして最終段階では最も倒すのが難しい形態となっています。また、このモンスターは進化するにつれて難易度が上がっていきます。

ファイナルファンタジーVI:ケフカ

ケフカは最初、残酷な人物として登場し、後に神へと姿を変えます。三闘神の力を奪った後、天に昇って魔導の神となります。このようにして、彼は「FFVI」のボスとなりました。

プレイヤーはまず浮遊大陸に行き、ケフカのガーディアンたちを倒した後、ケフカと対峙することになります。戦いの最中、プレイヤーはケフカが神になるまでの過程を描いた巨大な像の上に登らなければなりません。頂上にたどり着くと、そこには翼のある天使の姿をしたケフカが現れます。

ファイナルファンタジーX-2: アンラ・マンユ

「ファイナルファンタジー」の中で最も壮大な戦いの一つは、フランチャイズの初期のゲームから楽しむことができます。アンラ・マンユは、驚異的な防御力と高いHP、そして強烈な攻撃力を持つモンスターです。このクリーチャーの名前は、ゾロアスター教の悪神の到来に由来しています。

彼は隠しボスでしかないかもしれませんが、多くのプレイヤーは彼を倒すことを渇望しています。アルベド族やビーカネル砂漠の地元のサボテンを見つけるのに役立つからです。

ファイナルファンタジーIX: オズマ

「ファイナルファンタジーXII」は、冥王ハーデスとオズマという2つのスーパーボスが登場するエキサイティングなゲームです。このボスと対戦するためには、プレイヤーは長い「ここほれ!チョコボ」シリーズのクエストをクリアして、オズマの官邸である「チョコボの空中庭園」を見つけなければなりません。

オズマとの戦いは、シリーズの中でも最も不安を煽るボス戦のひとつです。オズマは、2色の面が渦巻く球体で、連続して攻撃を仕掛けてきます。また、攻撃に対抗しようとするプレイヤーを全滅させます。このボスを物理的に攻撃できるのは、サイドクエスト「精霊モンスター」をクリアしたプレイヤーだけです。

ファイナルファンタジーXII デモンズウォール

「FFXII」は、魅力的なストーリーで知られる人気ゲームです。このゲームでは、プレイヤーは、シリーズで繰り返し登場するボスであるモンスターのデモンズウォールを見ることができます。このモンスターは、石の板のような巨大なモンスターですが、相手を押しつぶすまで大きく動くのが特徴です。

デモンズウォールとのボス戦では、プレイヤーは2体のデモンズウォールと、2つの別々のボス戦に直面します。この戦いは長い廊下の中で行われ、プレイヤーはその間に押しつぶされないように最善を尽くさなければなりません。

ファイナルファンタジーV: ギルガメッシュ

ギルガメッシュは、シリーズを代表するキャラクターの一人として知られています。多くのプレイヤーがギルガメッシュに惚れ込んでいる要因のひとつに、本作で行われた強烈なキャラクターデビューがあります。

ギルガメッシュは当初、エクスデスという別の悪党の手下だったため、プレイヤーはこのゲームの中で何度も戦うことになります。その中でも一番良かったのは、ビッグブリッジでの戦いの後に行われる戦いでしょう。この戦いでは、ゲームの公式サウンドトラックとして流れる美しい「ビッグブリッヂの死闘」という曲がプレイヤーを楽しませてくれます。

このように、ファイナルファンタジーシリーズでは、さまざまなボスバトルが楽しめます。この人気ゲームシリーズの様々なゲームに挑戦することで、プレイヤーは、エキサイティングなサウンドトラックで強大なボスと戦いながら、自分のスキルを試して楽しむことができるでしょう!

初心者のための「ファイナルファンタジーVII」ガイド

「ファイナルファンタジーVII」は、最も人気のあるマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)ゲームの一つです。もし、あなたがゲームに興味を持ち始めたばかりなら、「ファイナルファンタジーVII」についてのすべてを読むことで、あなたにとって、それは強みになるでしょう。

すでにMOBAゲームの経験がある方には、大きな助けになるかもしれません。そうでない場合は、全く不可能ではありませんが、白紙の状態からプレイを始めるのはかなり難しいかもしれません。「ファイナルファンタジーVII」でスリリングなゲーム体験を始めるためのヒントをご紹介します。

何でも屋クエストを利用する

「ファイナルファンタジー」で早くレベルアップする方法のひとつに、サイドクエストの「何でも屋クエスト」をこなすというものがあります。「廃工場の羽根トカゲ」などのクエストをクリアすると、簡単に追加の経験値(EXP)を得ることができます。このようなクエストは、敵を倒すだけで勝てるようになっています。このように、クエストをクリアして報酬を集めながら、プレイしている間にレベルアップしていくことができます。

ほとんどの場合、クエスト中に敵が連続して出現します。メインターゲットを倒せなくても、EXPを稼ぐために敵を倒し続けることができます。

難易度を「イージー」に設定する

レベルアップへの道筋をつける意味で、難易度を「イージー」に設定します。この難易度であれば、敵を倒すのも簡単です。そのため、レベルアップを試みて死ぬリスクを減らすことができます。

なお、「イージーモード」と「ノーマルモード」では、獲得できるEXPやアビリティポイント(AP)に違いはありません。早くレベルを上げたいという方は、難易度を「イージー」にするのが一番簡単です。

武器アビリティを習得する

戦闘に備えるとき、武器アビリティを習得しようとすることがあるでしょう。各キャラクターには6つの武器が用意されています。メインクエストやサイドクエストを進めていくと出てきます。敵の難易度が上がってくるので、紫の宝箱や武器屋、サイドクエストを常にチェックするようにしましょう。

武器を装備したら、熟練度が100%になるまで、その武器が持つ能力を一貫して使用し、その武器アビリティを習得します。

また、熟練度ボーナスの指示に従って能力を使うことで、能力を実行するだけではなく、より多くの熟練度を得ることができます。例えば、アイアンブレードのラピッドチェインでは、3人以上の敵を攻撃すると熟練度ボーナスが得られます。

ある能力を習得すると、他の武器を使っていてもその能力を使えるようになります。つまり、他の能力との同時使用や、特定の状況下での使用が可能になります。

最適な装備を持つ

様々な場所で武器を確認しながら、現在装備しているものよりも優れた防具やアクセサリーを探すこともできます。

アーマーに関しては、高いステータスよりもマテリアのスロット数が多いものを優先するのが理想的です。ほとんどの場合、マテリアは特定の状況で大きなアドバンテージをもたらします。そのため、できる限り多くのマテリアを装備することが重要です。

一方、アクセサリーについては、ステータスを向上させるアクセサリーを使用するか、最高のアクセサリーに労力を注ぎましょう。セットアップ全体としては、すべての装備品、特にマテリアに相乗効果があることを覚えておいてください。つまり、すべての戦闘において、各キャラクターには役割があるということです。

全メンバーに、「かいふく」のマテリアと「そせい」のマテリアを装備する

パーティメンバーは、全員重要です。全員の生存能力が何よりもだいじとなります。「かいふく」のマテリアや「そせい」のマテリアを使って、メンバー全員が回復・復活できるようにしましょう。

これは、メンバーの回復にアクティブタイムバトル(ATB)のチャージを消費して、全員が必要に応じて全員を回復できるわけではないからです。ただし、「かいふく」のマテリアと「はんいか」のマテリアを連動させることで、ATB消費量を抑えることができます。

また、「そせい」のマテリアの代わりに「フェニックスの尾」を使うこともできますが、難易度「ハード」以外ではアイテムが使えなくなるので注意が必要です。アイテムが使えなくなるということは、自分が持っている唯一の「そせい」のマテリアを持っているパーティメンバーが戦闘不能になっていた場合は難しいということです。

消耗品を貯める

消耗品は、自分の能力や呪文ではカバーできない効果の代替品です。

このゲームでは、かなりの量のアイテムをストックしておくことをお勧めします。その際、回復アイテムを優先して貯めてからバトルに挑みましょう。「神羅BOX」を壊したり、お宝を発見したり、クエストをクリアしたり、お店で購入したりして、コツコツと貯めていきましょう。

敵の情報を読み取る

戦闘中は、「みやぶる」のマテリアから得られるアビリティ「みやぶる」によって、敵の情報を知ることができます。 このアビリティを敵に使用することで、敵の情報を見られます。また、この情報にアクセスして、敵を倒すためのアイデアを得ることができます。敵の抵抗力、スキルセット、評価などを知ることもできます。

評価のセクションでは、敵をよろめかせるための方法や、敵の攻撃パターンへの対処法などが提案されています。

「ヘイスト」と「リジェネ」を最大限に活用する

どちらも難易度「ハード」では必須とされているもので、「ヘイスト」は「じかん」のマテリア、「リジェネ」は「かいふく」のマテリアに由来するものです。他の難易度でプレイしている場合でも、これらを使いこなすための練習をしておくことをお勧めします。

「ヘイスト」はコマンドの使用頻度を高め、「リジェネ」はパーティの回復量を確保し、各バフの持続時間が終了したらすぐに再発動できるようにします。

「ファイナルファンタジー」の戦闘開始時に、このようなバフを効果的に使用するには、先制攻撃のマテリアを装備したメンバーが、「はんいか」と「かいふく」のマテリアを連携させているヒーラーに「ヘイスト」を使用させます。ATBバーを獲得したら、すぐにヒーラーにパーティ全体へ「リジェネ」をかけさせます。

ファイナルファンタジーXVのDLCとモンスターオブザディープのおすすめポイント

2016年11月のファイナルファンタジーXVの発売前に、ファイナルファンタジーXVのダウンロードコンテンツ(DLC)の内容がすでに明かされていました。目標としていた2016年9月の発売日に間に合わないと田畑端氏が判断したことで、沢渡晴義氏がDLCを制作したのです。

ファイナルファンタジーXVのDLC

田畑氏がファイナルファンタジーXVのさらなるブラッシュアップに注力する一方で、沢渡氏はコアな開発者たちとともににDLCを制作しました。ストーリー仕立てのDLCでは、各キャラクターに焦点を当て、グループに戻る前に個人として成長する機会を与えることを趣旨としました。沢渡氏は、このDLCをプレイするべき理由を説明してくれました。

埋められたギャップ

ファイナルファンタジーXVはプレイヤーを混乱させるかもしれません。最初の章では、ゲームのストーリーはゆっくりと展開していきますが、後半の章では急速に進んでいきます。その複雑な流れに、プレイヤーは疑問を抱くことになります。

DLCエピソードは、本編に欠けている部分を補うために、重要なイベントを詳しく解説しています。これらのエピソードは、プレイヤーの疑問のほとんどに答えてくれるうえ、キャラクターの素晴らしい成長にもつながります。

例えば、グラディオラスのエピソードでは、グラディオラスがなぜ堅苦しくて戦闘的なのかを説明するナレーションが入っています。このエピソードでは、グラディオラスの弱々しい一面が明らかになり、プレイヤーはこのキャラクターをより理解しやすくなります。

また、コルがなにに関心を持っていたのかを知ることもできます。これは、なぜ彼がノクティスたちを助けようとしなかったのかという疑問を解消するためのものです。

プレイするための戦闘メカニック

ファイナルファンタジーXVの戦闘は素晴らしいものです。しかし、プレイヤーの中には、キャラクターを操作してプロンプトを入力し、自分の戦略が画面上でどのように反映されるのかを見るといった、伝統的な戦闘メカニズムに憧れる人もいます。

このゲームは、戦闘中にその場でキャラクターを切り替えることができるのが利点です。

キャラクターの素顔

各DLCのエピソードはそれぞれのメンバーに焦点を当てているため、キャラクターについてより深く知ることができます。本編では、ノクティスだけがクローズアップされることが多いですが、DLCのエピソードでは、本編で描かれているキャラクターの共通点だけでなく、キャラクター個々をより深く知ることができます。

プロンプトのエピソードでは、タフで自信に満ちた彼の素顔を暴かれ、プロンプトが困惑します。また、感情的なエピソードでは、ある状況に直面したときのイグニスの焦燥感が描かれており、みんなが知っているいつものイグニスとはかけ離れた姿が見られます。

サブキャラクター

ファイナルファンタジーXVには、イリスやシドニーといった素晴らしいサブキャラクターがたくさん登場します。イリスはグラディオラスの元気な妹で、シドニーは気立ての良い機械工です。どちらもゲームのメインストーリーに定期的に登場します。DLCのエピソードでは、アラネアやレイヴスといった、これまで取り扱われてこなかったサブキャラクターに焦点が当てられています。

モンスターオブザディープ

一方、ファイナルファンタジーXV:モンスターオブザディープは、ダウンロード型VR(仮想現実)シミュレーションゲームとなっており、2017年11月21日に発売されました。プレイヤーは、4人の主人公と交流しながら、さまざまな場所で釣りに参加します。

ファイナルファンタジーXVが発売された同年(2016年)、スクウェアエニックスは、その発売に合わせて、プレイステーションVRヘッドセットに合わせた体験版を追加すること発表しました。

最初のVRゲームはモンスターオブザディープではなく、Episode Duscae のデモに出てきたミッションを戦い抜く、ミニVRシューティングゲームでした。ノクティス、イグニス、グラディオラス、プロンプトが、半身不随のベヒモスであるデッドアイと戦うといった内容のものです。プレイヤーはプロンプトの視点でプレイすることになります。しかし、このVRゲームは2017年の夏までに中止されました。

その結果、前作のVRゲームの一人称視点バージョンであるモンスターオブザディープが開発されることになったのです。プレイステーションムーブコントローラを使ってソナー装置を召喚するという、まさに優れたVR体験ができるゲームとして、ファンに愛されています。

ゲーム体験

手首の動きで釣り糸をたらすことができ、腕を回転させながらハンドルを握ると糸を巻き取ることができます。魚を釣り上げてリールを巻くまでには、糸のテンションを調整する必要があり、そのためには、ロッドの向きを変えなければなりません。

つまり、魚を見つけては網に集めるだけのゲームで、ラグーンが暗くなり、激しい音楽が流れ始めるまではのんびりとゲームをお楽しみいただけるでしょう。

モンスターは、プレイヤーを攻撃してゲームを終了させようとする強力な魚です。モンスターを寄せ付けず、クロスボウを使って敵を倒し、勝者となりましょう。ゲームに勝利すると、ノクティスたちと一緒に魚料理を食べることができます。

トーナメントモードとハントモード

また、トーナメントモードでは、ファイナルファンタジーXVのキャラクターたちと釣り大会で競い合うことになります。釣った魚の数や大きさを競い、優勝を目指します。

地元の釣り場に向かい、より多くのレアな魚を集めるハントモードもあります。のんびりしたいときは、フリーフィッシングモードへ。目標やミッションがなくても、エオスの素晴らしい風景を楽しむことができます

没入感と緊張感で、スリリングなゲーム体験が可能となっており、VRを使用するため周囲の景色を360度見渡すことができます。ゲームのプレイには、2つのプレイステーションムーブコントローラ、またはプレイステーションデュアルショック4が使用できます。

モンスターオブザディープはプレイヤーに最大限のVR体験をもたらしてくれるゲームです。没入感、ストーリー、ゲームプレイの仕組み、操作方法などすべてが優れたクオリティとなっており、これらの要素が一体となって、ファイナルファンタジーファンが楽しめるVRゲーム体験となっています。

ファイナルファンタジーに登場するノンプレイヤーキャラクターTOP9

ビデオゲームと言えば、「ファイナルファンタジー」を忘れることはできません。ゲーム業界で最も注目され、人気のあるゲームの一つです。スクウェア・エニックスが開発・発売している日本のファンタジー・メディア・フランチャイズです。

このゲームの人気に伴い、多人数同時参加型オンライン・ロールプレイングゲーム、三人称視点のシューティングゲーム、レースゲーム、タクティカル・ロールプレイングなど、他のゲームジャンルにも手を広げました。また、いくつかのスピンオフシリーズも発売されました。これが素晴らしい所は、それぞれのシリーズが異なるプロット、設定、メインキャラクターを持っているということです。

主人公や悪役はもちろんのこと、ノンプレイヤーキャラクター(NPC)がいなければゲームは成立しません。ここでは、ファイナルファンタジーに登場するNPCのうち、絶対に見逃せないキャラクターを紹介します。

ファイナルファンタジーXV:アラネア・ハイウィンド

アラネアは、ニフルハイム帝国第三軍団第87空中機動師団の団長を務める傭兵です。空中戦を得意とし、槍使いとしても知られています。たとえ身分が高くとも、他の高官に立ち向かう勇気の持ち主です。

ファイナルファンタジーXV:イリス・アミシティア

イリスはクレイラス・アミシティアの娘であり、グラディオラスの妹です。普段は、黒と赤のノースリーブのパーカーに、赤いタータンチェックのミニスカートを履いています。また、厳しい状況下でも楽観的な姿勢を崩さない、最も勇敢な女性キャラクターの一人としても知られています。イリスはノクティスに恋心を抱いていますが、二人は一緒になるべきではないと考えているため、その想いを隠したまま過ごしています。

ファイナルファンタジーXII:レダス

レダスの名で親しまれているフォーリス・ゼクトは、陸と空を股にかける空賊として知られています。また、彼はバーフォンハイムの支配者でもありながら、彼自身が行った恐ろしい行為の記憶に呪われ続けています。過去の記憶に苛まれている彼は、彼自身の人生を歩もうとしても簡単にはそれを手放すことができません。

ファイナルファンタジーXII:ラーサー・ファルナス・ソリドール

他のキャラクターとは異なり、ラーサーはある種の悪役です。彼女は皇帝グラミスの四男で、ヴェイン・ソリドールの弟です。ラーサーは長い黒髪の12歳で、金色のディテールが施されたベルスリーブのブラウスを着ているので、誰がラーサーなのか、すぐにわかると思います。

若いにもかかわらず、ラーサーは成熟しており、堅苦しい言葉をよく使います。また、階級や民族を問わず、他人に対して礼儀正しく、敬意を払います。理想主義者であるラーサーは、ソリドール家の名を復活させたいという思いで動いています。

ファイナルファンタジーIX:ベアトリクス

ベアトリクスは、かつてアレクサンドリアの悪の野望を知るまでは司令官を務めていました。兵士を容赦なく脅すことで知られており、ガイア中の戦士たちから恐れられています。ベアトリクスは敵に対してもストイックですが、心は優しい人物です。許すことを惜しまず、物腰が柔らかく、味方には礼儀正しい人柄です。

彼女は指揮官として非常に優秀であり、強力な剣士でもあります。実際、彼女の剣術は街中で知られており、「大陸一の剣士」という称号を得ています。さらに、彼女は一人で何百人もの騎士を殺したという話もあります。そのため、味方の多くが「ベアトリクスは一人でパーティを倒せる」と信じています。

ファイナルファンタジーX:シーモア=グアド

シーモアもまたFFプレイヤーの注目を集めるヴィランの一人です。マイスター・シーモア・グアドと呼ばれ、グアド族の族長です。彼の人生には、母親が自らを犠牲にすることでアニマを獲得したという不幸な出来事がありました。

彼は背が高く、グアドと人間の混血で、水色の髪に紫の目、背中には2本の角のようなものがあり、顔には髪がかかっています。着ているオープンに開いたローブから胸のタトゥーが見えます。また、シーモアは、罪は永遠であると信じており、死を生の悲しみから見つめています。彼の考え方は、スピラの人々の尊敬も集めています。

ファイナルファンタジータクティクス:ザルバッグ・ベオルブ

ザルバッグは、北天騎士団の団長であり、聖騎士でもあります。他のキャラクターとの違いは、グレバドス教の教えを忠実に守っていることです。恐ろしい戦士であるだけでなく、ベオルブ家の真ん中の息子でもあります。

彼は茶色の目に短い赤褐色の髪で、前髪を伸ばし、あごひげを生やしています。ザルバッグは、金色の縫い目のある黒いハイネックのジャケットと腕章をよく身につけています。また、穏やかで真面目な性格で、命令に忠実に従うことでも知られています。

ファイナルファンタジーVII:セフィロス

セフィロスは、神羅電気動力株式会社の「ソルジャー」の一員である人気敵役の一人です。実際、彼はヒロイックな戦争の英雄とみなされています。しかし、自分の人生の真実を知った時、彼の人生は変わりました。それをきっかけに、彼は世界を破壊したいと強く思うようになります。

ほとんどの場合、黒のロングコート、銀のポールドロン、ブーツ、黒のズボンを着用しています。身を守るために、セフィロスはいつも「正宗」という7フィートのカタナを持っています。興味深いのは、彼が言葉を話さないことです。彼はしばしば、自分の肉体ではなくジェノバの体を通してコミュニケーションをとります。

ファイナルファンタジーVI: レオ・クリストフ

レオは、ガストラ帝国の将軍であり、ガストラ皇帝が最も信頼する部下の一人です。流血よりも外交での解決を好むため、名誉と道徳を重んじる人物として知られています。

黄色の縁取りが施された緑の軍服に、肩甲と高い襟を身につけていることが多いです。青色の装飾が施され、刃が曲がったクリスタルソードを使用します。レオはマギテックの注入を拒否したことでも帝国内で有名であり、最も優れた戦士の一人です。彼はしばしば、ダメージを軽減しながら4回の攻撃を可能にするマスタースクロールを装備しています。

そのキャラクターが敵役であろうと、主人公であろうと、時間をかけてキャラクターのことをもっと知りたいと思うのが一番です。ファイナルファンタジーのキャラクターの中に、秘密を解き明かし、敵を倒す鍵となる人物がいないとは誰も言い切れないのですから。

FFXV: イグニス・スキエンティアをパーティメンバーとして使いこなす

ファイナルファンタジーのファンであれば、戦闘システムが長年にわたってどのように変化してきたかをご存知でしょう。その変化は、好きな人もいれば、嫌いな人もいるでしょう。これは議論の余地がありますし、個人的な意見でもありますが、新しいゲームではそれぞれのキャラクターを最大限に使いこなすことが簡単ではないということは、紛れもない事実です。 Continue reading “FFXV: イグニス・スキエンティアをパーティメンバーとして使いこなす”

ファイナルファンタジーXVIについてこれまでにわかっていること

ファイナルファンタジーシリーズの長年のファンであれば、次の作品を常に心待ちにしていることでしょう。そして、新作が出るたびに、世界中のゲーマーは新鮮な体験を味わうことができます。

1年前、スクウェア・エニックスは「プレイステーション5 ショーケースイベント」で「ファイナルファンタジーXVI」の予告編を公開し、それを見たゲーマーたちは大歓喜しました。というのも、前作ファイナルファンタジーXVが発売されたのは4年前。ファイナルファンタジーのファンは、長い間、新しいゲームを心待ちにしていたのです。 Continue reading “ファイナルファンタジーXVIについてこれまでにわかっていること”

ファイナルファンタジー15 エピソード・グラディオラスの概要

ファンや消費者が望むものは、届けるべきものです。スクウェア・エニックスはファイナルファンタジーシリーズの15作目となる本編「ファイナルファンタジーXV」に対してまさにそれを実践しました。同社は2016年にPlayStation 4とXbox One向けに初めてリリースされた本編に対して、ゲームの物語構造や不足している要素に関するプレイヤーの批判に対応するため、3つの追加ダウンローダブルコンテンツ(DLC)を作成しました。 Continue reading “ファイナルファンタジー15 エピソード・グラディオラスの概要”

ファイナルファンタジーのキャラクターにスポットを当てています:カイアス・バラッド

ファイナルファンタジーは、現在最も人気のあるゲームシリーズの一つです。スクウェア・エニックスが制作したこのゲームシリーズでは、ファンタジーとSFの素晴らしい組み合わせをすべてのゲームで楽しむことができます。刺激的なゲームプレイ、魅力的なストーリー、そして魅力的なキャラクターに多くのプレイヤーが魅了されたことは、もはや驚くべきことではありません。 Continue reading “ファイナルファンタジーのキャラクターにスポットを当てています:カイアス・バラッド”

ファイナルファンタジーXV:イオスの地

イオスは、「ファイナルファンタジーXV」の舞台となる惑星全体の名前です。この惑星は、表面に多くの結晶があることから、「星」と呼ばれています。しかし、この惑星は「星の病」に冒されており、世界を闇に陥れようとしています。 Continue reading “ファイナルファンタジーXV:イオスの地”