ファイナルファンタジーシリーズ

ファイナルファンタジーシリーズ

ファイナルファンタジーは、日本のゲーム設計者坂口博信によって生み出され、スクウェア・エニックス(旧スクウェア)によって開発・販売されているRPGのシリーズ作品である。

クイックリンク

Link 1 2
Link 2 1
Link 3 1

Link 4 1
Link 5 1
Link 6 1

ファイナルファンタジーの作品シリーズは、ファンタジーとSFのロールプレイングビデオゲーム(RPG / JRPG)の膨大な種類があります。ファイナルファンタジーは、長年にわたる劇的な開発を通じて、その作品シリーズをビデオゲーム用と限定したのではありませんでした。
ファイナルファンタジーは、戦術RPG、アクションRPG、オンラインRPG、MMORPG、レーシング、シューティングゲーム、格闘ゲーム、リズムゲームの多様なゲームカテゴリに没頭しました。様々なジャンルのゲームをファイナルファンタジーシリーズとしてプレイできるようにしました

テレビゲームのみならず他のメディアにも手を広げました。シリーズはCGI(コンピューター ジェネレイテッド イマジェリー)という技術を使用したコンピュータグラフィックスが印象的な映画や、アニメ、マンガ、その世界感に思わず引き込まれるような小説まで及びました。
これらにより、それを見た人はその世界感に引きずりこまれて行きました。

ファイナルファンタジーゲームは、独立した個別のストーリーです。各ゲームには、さまざまな設定、ストーリー展開、メインキャラクターが含まれます。シリーズは、ゲームの仕組みや繰り返し登場するキャラクター名など、多くの繰り返し要素によって結び付けられています。
ファイナルファンタジーの各ストーリーは、悪と戦うための人生を変える旅に出たヒーローとの物語に焦点を当てています。また、各キャラクターが抱える闘争と感情的な描写をしています。

ファイナルファンタジーゲームで際立っているテーマは、世界中の歴史、宗教、言語、ポップカルチャー、文化の神話のさまざまな影響に大きく影響を受けています。各ファイナルファンタジーゲームのメカニズムも同様の戦闘システムとマップを持っています。

長年にわたり、スクウェア・エニックスは創造性だけに依存していませんでした。同社はまた、革新への強い献身の上に大きく設立されました。それ以来、シリーズはこの概念に基づいて構築されています。長年にわたる大規模な開発を通じて、ファイナルファンタジーシリーズは批判的にも商業的にも成功を収めてきました。 Final Fantasyは世界中で1億4400万以上のゲームを販売し、その数は今日も増え続けています。

ファイナルファンタジー1

Final Fantasy 1 banner

ファイナルファンタジーIは、ファイナルファンタジーシリーズの最初のビデオゲームでした。 JRPGゲームは1987年に大々的にデビューし、最終的にその時点でスクウェア社を破産の危機から救いました。ファイナルファンタジーIは、世界中で200万枚以上販売されています。独特の設定と戦闘のため、批判家から多くの賞賛を集めました。ファイナルファンタ
ジーIは、世界地図を横断し、モンスターと戦い、キャラクターの進行を進めることで、プレイヤーに冒険感を与えました。

ファイナルファンタジー2

Final Fantasy II banner

ファイナルファンタジー2は、ファイナルファンタジーシリーズの2番目の作品です。 JRPGは、1988年に最初にリリースされたのは、日本でのみ使用可能なファミリーコンピューターでした。ファイナルファンタジー2の新しいバージョンから他のプラットフォーム用に作成されているため、日本国外のプレイヤーも同様にファイナルファンタジーの世界感を体験できるようになりました。ファイナルファンタジー2はその後のほとんどのファイナルファンタジーゲームの基盤となる存在となりました。

例えばFFシリーズで頻繁に登場するキャラクターであるシドや非常に愛されている動物のキャラクターチョコボはFF2ではじめて登場したものでしたし、シリーズ全体に登場するモンスターもファイナルファンタジー2がはじまりです。
ファイナルファンタジー2はシリーズの中で独自の個性や対話および外観を持つキャラクターが登場する最初のゲームでもありました。

ファイナルファンタジー3

Final Fantasy III Banner2

ファイナルファンタジー3は、ファイナルファンタジーシリーズの3番目の作品です。このゲームは、ニンテンドーファミコンシステム用に1990年に最初にリリースされました。ファイナルファンタジー3は、坂口博信監督。ゲームのオリジナルバージョンは、日本だけでも100万部以上を販売しました。
そのゲームプレイは、最初の2つのファイナルファンタジーゲームの要素を組み合わせて、新しい追加機能を追加しました。

ファイナルファンタジー3のオリジナルバージョンは、スプライト描画が特徴的です。
DS 3Dのリメイク版も8ビットのファイナルファンタジーのキャラクターデザインや世界感を完璧に描写しました。そういう細部に及ぶ作りこみが多くのゲーマーが期待する懐しいJRPGは、ファイナルファンタジー3です。

さらに、ファイナルファンタジー3は、キャラクターが新しい能力を獲得して切り替えることができるシリーズの最初のゲームです。これらの新しい要素は、ファイナルファンタジー3で導入されたジョブシステムにより実現されました。ダンジョンはファイナルファンタジー3の最も注目すべき追加物の1つでした。

ファイナルファンタジー4

Final Fantasy IV Banner

ファイナルファンタジー4は、ファイナルファンタジーシリーズの第4弾です。このゲームは、1990年に日本のスーパーファミコン用に最初にリリースされました。 ファイナルファンタジー4は、他の多くのプラットフォームに移植されています。各バージョンは異なる改善を最適化しました。これらの機能の1つは、2007年と2008年にニンテンドーDSの3Dグラフィックスを最適化した強化されたリメイクです。

ファイナルファンタジーシリーズは、その説得力のあるストーリーで常に知られています。ファイナルファンタジー4は、シリーズをまったく新しいレベルに引き上げました。ファイナルファンタジー4はキャラクター・アークを紹介するシリーズの最初のゲームでした。
それは個性的なキャラクターの一団を独自の方法でフィーチャーしました。
キャラクターの個々の運命は、プレイヤーの好奇心をかき立て、次に何が起こるかを推測する楽しみへと変わります。

ファイナルファンタジー4は、ビジュアルの優れた使用により、大幅にアップグレードおよび改善されたSNESハードウェアを利用しただけでなく、ファイナルファンタジー標準のアクティブタイムバトルシステムの基礎にもなりました。 ATBシステムは、プレイヤーの意思決定プロセスに緊急性の要素を追加し、プレイヤーのゲーム体験をこれまで以上に改善しました。

ファイナルファンタジー5

Final Fantasy V Banner

ファイナルファンタジーVはファイナルファンタジーシリーズの第5弾です。このゲームは、1992年に日本限​​定の任天堂スーパーファミコン向けにリリースされました。ファイナルファンタジーVは、スーパーファミコンだけで245万枚以上を販売しています。その最新バージョンは、最近2013年にモバイルデバイスで利用可能になりました。

Final Fantasy Vのゲームプレイは、以前のゲームタイトルに触発されました。ジョブシステムには多くの選択肢があり、探求心をくすぐります。ファイナルファンタジーVには、プレイヤーの努力、戦略的戦術、忍耐が必要な、ゲームをクリアする冒険要素がたくさんありました。ファイナルファンタジー5の物語は、ファイナルファンタジー4のドラマチックなテーマに先行します。ただし、ファイナルファンタジー5は、記憶に残るシーン、サプライズ、キャストで構成される、より印象的なストーリーです。

ファイナルファンタジー6

Final Fantasy VI Banner

ファイナルファンタジー6は、ファイナルファンタジーシリーズの第6弾です。このゲームは1994年に任天堂スーパーファミコン用に最初にリリースされました。北瀬佳範と伊藤裕之が監督を務めました。ファイナルファンタジー6のSNESおよびPlayStationバージョンは、世界中で348万部以上を販売しています。ファイナルファンタジー6は、その成功により、JRPGジャンルの画期的なタイトルになりました。

ファイナルファンタジー6は、さまざまなキャラクターの物語を表しています。すべての異なるキャラクター特性は、互いに注意深く織り込まれています。ファイナルファンタジー6は、ヒーロー、悪役、NPC、およびモンスターで構成される非常に大きなキャストを特徴とするため、1人のヒーローに限定されません。それらのそれぞれは、独自のスキル、個性、および癖を持っています。

ファイナルファンタジーVIの物語は、邪悪な帝国軍によって駆動される戦争のテーマの壮大なプレゼンテーションを展開します。その初期には、物語の過程でグローバル破壊の効果を効果的に実行できたゲームはごくわずかでした。

Final Fantasy 6は、グラフィックと音楽の体験を提供しました。このゲームは、その最新の32ビットビジュアル、驚くべきカットシーン、特に息をのむような召喚されたエスパーなど、多くの側面が豊富でした。テクノロジーとSFファンタジーの融合により、それ以前のゲームでは見られなかった、さわやかな新しい世界が確立されました。天野喜孝によって作られた多様なキャラクターは、今日まで愛され続けています。

ファイナルファンタジー7

Final Fantasy VII Banner

ファイナルファンタジー7は、ファイナルファンタジーシリーズの第7回目です。このゲームは、北瀬佳範監督作品としてPlayStationコンソール用に1997年にリリースされました。ファイナルファンタジー7は、数百万を超えるコピーを販売することで世界的な成功を収めました。その比類のない成功は、いくつかのプラットフォームの多数の拡張ポートに到達しました。 PlayStation 4用のファイナルファンタジーVIIの今後の高解像度リメイクは、2020年3月にリリースされます。

ファイナルファンタジー7は、最終的にシリーズで最も永続的なゲームタイトルです。また、最も記憶に残るストーリーもあります。 ファイナルファンタジー7は、ビデオゲームの続編に限らず、いくつかのスピンオフとカメオを蓄積しています。 Final Fantasy VIIには、CGI映画、小説、サウンドトラック、そして公式商品もあります。ファイナルファンタジー7は、リリースからすでに20年以上経っていますが、今日でも数百万人のファンに愛されています。ファンの絶え間ない支援が、それがシリーズだけでなく、常に最も愛されているゲームの1つであることを証明しています。

ファイナルファンタジー8

Final Fantasy VIII Banner

ファイナルファンタジー8は、ファイナルファンタジーシリーズの第8作目です。このゲームは1999年にPlayStation用にリリースされました。北瀬佳範監督。また、ファイナルファンタジー8は数々の賞を受賞しました。リリースから最初の13週間で5,000万ドル以上を販売し、最も売れているファイナルファンタジーゲームタイトルになりました。

ファイナルファンタジー8は最終的に、ファイナルファンタジー7が設立した次世代の伝統を取り入れ、新たな高みへと導きました。ファイナルファンタジー8のストーリーは、喪失、青春時代の恋愛、恨みといったようなテーマの人間ドラマに焦点を当てています。これらはすべて、魅力的なキャストを通じてユーザーに届けられました。ファイナルファンタジーVIIIのグラフィックには、3Dキャラクターモデルの設計に関する革新的な洗練も含まれています。改善は本当に大きな違いを生み、アクション満載のカットシーンはこれまでになく見事です。

ファイナルファンタジー9

Final Fantasy IX Banner

ファイナルファンタジー9は、ファイナルファンタジーシリーズの第9作目です。このゲームは、PlayStation用に2000年にリリースされました。伊藤裕之監督。 2016年までに世界中で500万枚以上を売り上げました。ファイナルファンタジー7および8の見事なグラフィックスと感動的なカットシーンは、ファイナルファンタジー9の開発に影響を与えました。今回、スクウェア社はプレイヤーに中世の時代に数年戻る新しいファイナルファンタジーの世界感を提供したいと考えました。

また、ファイナルファンタジー9は、プレイヤーが装備やアイテムからスキルを簡単に習得できるシンプルなバトルシステムを導入しました。 RPGファンは、複雑なメカニズムについて心配する必要はありません。ファイナルファンタジー9の素晴らしいストーリー、アクション満載のバトル、アドベンチャー、魅力的なキャラクターは、本当にたくさんの楽しみを提供できます。

ファイナルファンタジー10

Final Fantasy X Banner

ファイナルファンタジー10は、ファイナルファンタジーシリーズの第10作回です。このゲームは2001年にPlayStation 2用にリリースされました。北瀬佳範が監督を務め、作曲は植松伸夫が務めました。ファイナルファンタジー10は非常に大きな成功を収め、世界を席巻し、PlayStation 2バージョンだけで800万枚以上を売り上げました。また、直接の続編を持つ最初のファイナルファンタジーゲームでした。最新バージョンのタイトルは、PlayStation 4用の「ファイナルファンタジーX / X-2 HDリマスター」です。

ファイナルファンタジー7はPlayStation世代シリーズを発展させましたが、ファイナルファンタジー10はシリーズのレベルを引き上げたゲームです。 ファイナルファンタジー10は、ブロックポリゴンモデルと事前レンダリングされたCG背景を使用しなくなりました。その開発により、ビジュアルは完全にアニメーション化されたモーションキャプチャキャラクターに完全に置き換えられました。ファイナルファンタジー10は、周囲の環境を大きく改善しました。全体として、ファイナルファンタジー10は美しくデザインされたゲームであり、今日でも変わらない独自性とスタイリッシュなテーマを採用しています。

それだけではありません:スキップ可能なテキストベースのコンテンツを大量に使用して魅力的な物語を提供する代わりに、ファイナルファンタジーXはキャラクターに実際の声を与えた最初のゲームでした。この大規模な開発は、まさにゲームチェンジャーであり、ストーリーテリングはこれほど現実的な世界観は今だかつてありませんでした。

ファイナルファンタジーのシリーズは、新世代のために改革することがいかに大胆であることを証明しています。ファイナルファンタジーXは、世界地図や老朽化したATB戦闘システムなどの昔ながらのRPGの伝統から外れました。ファイナルファンタジー10で獲得した徹底的で戦略的な戦闘経験は、RPG愛好家に新たな変化をもたらしました。さらに、ファイナルファンタジー10のスフィアグリッドシステムによりランク上げやクエストでさえ楽しくなりました。

ファイナルファンタジー11

Final Fantasy XI banner

ファイナルファンタジー11は、ファイナルファンタジーシリーズの第11弾です。このゲームは、PlayStation 2およびMicrosoft WindowsベースのPC用に2003年にリリースされました。 2003年に石井浩一を始め、2016年に藤戸洋二の指揮で終わる複数のディレクターがいました。ファイナルファンタジーXIは、ファイナルファンタジーシリーズ最初のMMORPGになりました。

ファンがファイナルファンタジーゲームに必要とされていたすべての要素は、ファイナルファンタジー11で楽しめます。さまざまなキャラクタークラス、魔法とスキル、タフなモンスター、記憶に残る音楽のスコア、アクション満載の戦闘、信じられないほどデザインされた設定など、これらすべてがインスピレーションを受けたファイナルファンタジーXIオンラインで、何百人、何千人ものプレイヤーが同時に楽しむことができます。

MMORPGから予想されるように、ファイナルファンタジー11は、探検するコンテンツを提供します。他の人と遊ぶことができる能力は、冒険に刺激を加えます。ゲームにはさまざまなクラスとキャラクタータイプがあり、プレイヤーは自分の好みを表現できるユニークなアバターを作成できます。

ファイナルファンタジーXIでは、オンラインでの人々との出会いやプレイも可能になりました。世界各地のプレイヤーがグループで一緒に協力することで、新しい友情を築くことができました。 Final Fantasy XI Onlineには、最も難しい課題がいくつかあります。信頼できる実際の熱心なプレイヤーで構成された信頼できるパーティーを持つことは、非常に満足のいくゲームプレイ体験です。

ファイナルファンタジー12

Final Fantasy XII Banner

ファイナルファンタジーXIIは、ファイナルファンタジーシリーズの第12弾です。このゲームは2006年にPlayStation 2向けにリリースされました。監督は伊藤裕之と皆川裕史です。ファイナルファンタジーXIIは、PlayStation 2バージョンだけで600万枚以上を販売する世界的なヒットとなりました。最新のリマスター版のタイトルは「ファイナルファンタジーXII:ゾディアックエイジ」です。

ファイナルファンタジーXIIは、以前のゲームで繰り返し発生していた世界を脅かす問題を軽減し、王国とその支配者との間の悲劇と対立を含む、より現実的なストーリーを生み出しました。ファイナルファンタジーXIIは、ファイナルファンタジーのシリーズが広く知られるようになったメロドラマと感情的世界観のから外れました。

ファイナルファンタジー13

Final Fantasy XIII Banner

ファイナルファンタジー13は、ファイナルファンタジーシリーズの13番目の記事です。このゲームは2009年にPlayStation 3向けにリリースされました。鳥山求が監督を行いました。ファイナルファンタジー13は、2009年の最初のリリース以来、1100万枚以上を売り上げた世界的なヒットとなりました。また、女性主導のキャストを特徴とする3部作を含む最初のファイナルファンタジーゲームでもあります。

ファイナルファンタジー13はシリーズ中の最もユニークな物語の1つになります。 Final Fantasy XIIIは、RPG物語に新しいアプローチを使い、プレイヤーが目の前で繰り広げられるイベントやアクション満載のバトルに深く興味を持ち続けるようにしました。

ファイナルファンタジー13で女性ヒーローによってキャストされた、徹底的かつ挑戦的なリアルタイムバトルは、常にゲームプレーヤーの全身を世界観に没頭されるような方法を確立しました。
クリスタリウムシステムを介した戦略とキャラクターの進化は、ゲームを最大限楽しむためにするために必要不可欠です。また、ファイナルファンタジー13では、プレイヤーがストーリーと旅路に進むにつれて、戦闘する要素が増えました。

ファイナルファンタジー14

Final Fantasy XIV Banner

ファイナルファンタジー14は、ファイナルファンタジーシリーズの14番目の作品です。このゲームは、Microsoft Windows PCおよびPlayStation 3用に2013年にリリースされました。これは、吉田直樹が監督しました。ファイナルファンタジーXIVのリニューアル版は、「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」と題されています。

Final Fantasy XIVは、プレイヤーが他のユーザーとリアルタイムでやり取りできる世界を備えたMMORPGゲームです。スクウェア・エニックスは革新を行い、ストーリーテリングに重点を置いて、このような豪華なMMORPGを開発しました。

Final Fantasy XIV(1.0)からFinal Fantasy XIV:漆黒の反逆者まで(5.0)
各アップデートがます。アップデートによりゲームプレイヤーストーリーのつながりや、キャラクター・アークなどしっかりと把握できるようにします。

ファイナルファンタジー15

Final Fantasy XV Banner

ファイナルファンタジー15は、ファイナルファンタジーシリーズの第15弾です。このゲームは、2016年にPlayStation 4用にリリースされました。監督は田畑端です。ファイナルファンタジー15の開発には、最も待望のデビューまで10年かかりました。
ファイナルファンタジー15ユニバースは、ダウンロードコンテンツなど世界中で840万部以上を売り上げ、ゲームのシリーズの中でのベストセラーです。

ファイナルファンタジーゲームの大部分は、悲惨な結末から世界を救うために一緒に編む不適合のグループに焦点を当てています。 Final Fantasy15は、主に世界規模の旅を網羅するオープンワールドRPGです。広大な世界での実際の冒険感覚は、最も楽しいものです。人生を変える旅は、友情とは何か?というようなテーマを伝えています。

ファイナルファンタジー15は、ストーリーの場合と同じように、プレイヤーが各キャラクターと感情的につながるように成長します。たくさんの興味深いサイドクエストや秘密が待っている横断可能の世界地図で冒険などユーザーを没頭させます。

また、ファイナルファンタジー15はコンバットシステムを提供し、伝統的なファイナルファンタジーの世界感やシステムと新しい革新的なもののミックスを楽しめます。ファイナルファンタジーXVを非常に優れたものにしている要素の一部は、現実世界のテクノロジーと建物、息をのむような風景、そのエリアに潜む危険なモンスターの視覚的なコントラストです。これらの主要な改善はすべて、優れたJRPGを時間の経過とともにさらに改善し、ファイナルファンタジー15はこれ以上ないゲームとしての称賛を受けるはずです。